金と銀の器を抱いて 罪と罰の酒を飲んだ orokamonoのブログさ

最近の記事+コメント

年別アーカイブ一覧

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

失態(今期参戦10試合目)  

早くも今期10試合目の参戦です!
昨日は会社を出るのが少し遅れました。
が、持って行く物は既に前日に全て用意してあり、後はカバンに詰め込むだけ。
最寄り駅より電車に乗って聖地甲子園に付いたのが18:20分位だったかな。

意外に思われるかも知れませんが、私は球場に着いてから服を着るんです。
さすがに行きの明るい時間帯に地元でユニ着て歩くのはちょっとね^^

着いて着るって言っても、球場に入ってからだと狭いんで、いつも高速の高架下で用意します。

帽子被って、リストバンド付けて、タオル巻いて、メガホン・・・

!Σ( ̄ロ ̄lll)

ユニフォームが無い( ̄_ ̄|||)どよ~ん
前日、用意した時にユニフォームだけ別に置いてたのをカバンに入れるの忘れた(o。o;) ソンナ・・・
なんたる失態_| ̄|○ il||li

一通りグッズ身に付けてて服だけ普通のヤツってのは、かなりかっこ悪いなあって思ったんですが、ここでユニ買ったら3着目になるし。。。
で、来た道を少し戻り、売店を覗いたら結構カッコイイTシャツあったんで、それを購入しました。
DSCF2700フロント DSCF2699バック

ちなみに3200円の出費Σ(T□T)

で、ようやく中に入るともう既に3点も取られてるし<("0")> ナント!
DSCF2638.jpg


この日の先発は下柳。
予定を早めてこの巨人3戦目に充てたのにしょっぱなからこれかよ・・・
6回にはピッチャーに内海にタイムリーを打たれるし・・・
これも失態ですね・・・

昨日は晴れてましたが、空気が乾いており風が心地よかったです。
DSCF2640.jpg DSCF2641.jpg

DSCF2668.jpg DSCF2673.jpg


3回のチャンスに追いつかなかったのが痛かったな☆ ̄(>。☆)

DSCF2677.jpg DSCF2680.jpg

DSCF2679.jpg DSCF2693.jpg


それでも7回を終わって2点差だったから、今のタイガースなら十分ひっくり返す事が出来る!
と信じて見てたら・・・

8回に江草がボコボコ打たれ3失点(-_-#) ピクピク
ここでの失点は、応援する気力をかなり削がれましたね。

だもんでもうヤケクソ。

二岡呼んで来い!
と叫んだり(笑)

はい、先日大失態を演じましたね(爆)
次の甲子園3連戦(21~23)では一軍復帰しているはず。
相当な野次が飛ぶことでしょう`∀´)Ψヶヶヶ

9回には阿部のホームランが目の前に飛んでくるってのもあったり。。。
最後、クルーンから満塁のチャンスを作った時は、前回の再来か!と期待もしたんですけど・・・
まあ結果惨敗でしたね。


帰りの電車が大混雑してたんで、ケンタッキーでサンド買って食べて、少し時間を潰して電車に乗りました。
空いてて助かりましたv

が、大阪駅に着くと人身事故の為、環状線が運転を見合わせてるってこと( ̄△ ̄) !!
時間をずらしたのが裏目った( ̄△ ̄) !!
仕方ないんで地下鉄で天王寺まで。
これまた無駄な出費でした。

とにかく色んなことがあった日でした。

2008/07/11 18:05|野球TB:0CM:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://orokamonoyo2.blog100.fc2.com/tb.php/1266-965839df

管理人よりお知らせ

只今、管理人がなかなかネットをできる状態でありません。
したがってブログの更新も不定期です。
いただいたコメントに返事をするのも非常に遅くなると思います。
どうかご了承ください。 また、「迷惑コメント」で荒れるのも嫌なんでコメントの方は承認制とさせていただいております。
承認後もすぐに返事できないかと思いますが、コメントいただけると非常に励みになりますのでどうかよろしくお願いします。
orokamono

今後参加予定のライブ

プロフィール

orokamono

Author:orokamono
生年月日/1967/4/8
職業/建設業
生息地/ライブ会場、甲子園球場

リンク

このブログをリンクに追加する

お気に入り

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Copyright(C) 2006 Return to Myself All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.