金と銀の器を抱いて 罪と罰の酒を飲んだ orokamonoのブログさ

最近の記事+コメント

年別アーカイブ一覧

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

松任谷由実 CONCERT TOUR TRANSIT 2009.5.30 大阪国際会議場メインホール 

2007年の『シャングリラⅢ』以来約2年振り、ホールツアーだと2005年の『VIVA6X7』以来4年振りの参加となった今回のユーミンライブ。

あくまで私の個人的な意見ですが、『シャングリラⅢ』よりよかったなって思ったんですが。
なんせ楽しかったですね、今回のライブ。
まあ『シャングリラⅢ』は楽しむってライブじゃないしね。

会場は私3年振り2回目の大阪国際会議場メインホール。
以前行った時は不便な場所だなって思ってたんですが、今はJR東西線や京阪中ノ島線の開通で行きやすくなりましたね。

ライブに行く前に『ほたるまち』を訪れましたが、特に感想ナシ(笑)

そして感想アリアリのライブの様子は続きに。

セットリスト含むネタバレですので、ご注意を。


*長文です。
*セットリストのみ知りたい方はページ最下部までスクロールしてください。




休日だった為、かなり時間に余裕を持って会場に着くことができました。
ホール級のライブなんで、そんなに人混みって訳もなくまた会場の敷地も結構広いんでゆったりと開演時刻を待つことに。
俗に言う「アラフォー」の私がこんな事言うのもなんですが。

「年齢層」高かったですねえ、今回。
「高島屋の一階の匂い」がプンプンしてましたよ(笑)

20090503-2.jpg

時間もせまり、会場入りして座席に着く。
急遽ゲットできたチケットでしたが、席は一階のBl列。
数字で言ったら20列目位かな?
真ん中だったしかなりの良席でした( ̄ー ̄)v

約10分遅れでライブスタート(^-^)//""パチパチ

作業員風のスタッフが箱のようなものを運んできました。
センターに設置された大きな箱からは時計が出てきて、それが上に上がりステージセットへ。
そしてバンドメンバーの登場。
またまた舞台袖から大きな箱が運ばれてきて、その中からピアノに座ったユーミン登場

そして一曲目。


航海日誌


を、しっとり歌い上げた後、挨拶がてらのMC。

こんにちわ。
TRANSIT(トランジット)ツアーにようこそ。
4年振りのホール、2時間ちょっとの時間。
色んな場所を旅しながらみなさんを最終目的地まで
ご案内したいと思います。
最後までごゆっくり。


次の2曲もピアノのままで

ベルベット・イースター
ピカデリー・サーカス

最新35thアルバム『そして もう一度夢見るだろう』よりアルバムオープニング曲を。
この曲の時、ユーミンが座ってたピアノがめっちゃ動きましたね。
回転位は想定してましたが、最後の方はかなりランダムな動きでした。
子供が遊園地で乗ってるゴーカートみたいなね^^

ここまでの3曲で思ったのが、照明の演出がすごく上手だなって。
キレイでうっとりしました。
その照明が真っ赤になり、次の曲へ。

時のないホテル

『シャングリラⅢ』でも聞いたこの曲ですが、今回もそれに劣らぬイリュージョンぶり。

こっちから向かってステージ右側で座って歌ってたユーミンがいきなり反対側へ飛ぶしw(°o°)w
で、♪電話のわきのメモは♪のトコで手にしたメモがいきなり燃えるし(^◇^ ;) ほぇ~
かと思えば今度はステージセンターへ飛ぶしw(°o°)w おおっ!!
ステージ上部から降下してきた時計の後ろに回ってシルエットになったかと思ったら、そのまま時計ごと上昇。
で、曲が終わると消えた|・) ジー ( °o°)ハッ

いやいや魅せてくれました(@^∇^@)

その消えたユーミンがなんと客席から登場( ̄O ̄;)
そして客席の間の通路を通ってステージへ。

Bueno Adios
そして
まずはどこへ行こう
黄色いロールスロイス

と、ニューアルバムから3曲。

黄色いロールスロイス でようやくアップテンポの曲へとなり観客もスタンドアップ。
コーラスANDMORE担当の今井さんとデュエット。
曲の途中では掛け合い漫才のようなMCも。

長い歴史を持つユーミンライブでもやったことがない事
豚インフルの予防接種やストーリーキングって大ボケをかますユーミン。

で、いったい何なんだろう( ̄~ ̄;)??って思ってたんですが、そのやったことがないってのは

「シングアウト」

っていったい何????(-"-)????
私、よくわからなかったんでググってみました。

アメリカンフォークをコピーすることから始まった日本のフォークソングブームの中、みんなで歌い上げ、集団でメッセージを伝えることは、日本の音楽シーンでも大きな意味を持つことになりました。
これを日本では「シングアウト」と呼ぶようになりました。

日本シングアウト協会HPより

ユーミンも言ってましたが要は自分が歌ったフレーズを客席へ呼びかけ、それを観客が繰り返し歌うってやつね。
これなら他のライブで何回もやってるじゃん^^

まあ自身が長年の夢だったって言ってたことからも、ユーミンライブでは初めての事だったんでしょうが。

その流れからか、次のアンプラグドコーナーへ入るMCはその当時のフォーク全盛期の事や学生運動の話を。
『いちご白書』って単語が出たもんだから、てっきり
『「いちご白書」をもう一度』
(歌 バンバン 作詞作曲 荒井由実)でも歌うのかと思ったら

それ(いちご白書)じゃなく。
その後の二人をテーマにした曲


幸せになるために

この曲、私大好きです。

ちょっとホロってきましたね。

「サオおやじ」三人衆の各MCがあり、そしてアンプラグド2曲目は

やさしさに包まれたなら

この曲も大好きですヽ(*^。^*)ノ

ここからはノンストップでエンディングまで突っ走ります。
トイレに行くなら今。
最近トイレが近くなった人が心なしか増えて来ているような気が(笑)


あと、香港公演の話やニューアルバムの話、それに伴ったプロモーション活動の話などをトイレ休憩代わりの少し長めのMCで。
テレビ出演もいっぱいしたけど、苦手だって言ってましたね。
そして今回のアルバム作成において、作詞で煮詰まったって2曲を今から。

ハートの落書き
とても煮詰まったようには思えないんですけど。
素敵な詩です。

夜空でつながっている

この曲も素敵な歌詞、そして素敵なバラード曲です。
ステージバックの星空、そしてブルーやパープルのライティングがキレイでこれまたうっとりしました。

パイロット風の白いスーツ姿に衣装変えして出てきたユーミン。
あっ、ここまで書いてないですが何度か衣装変わってますからね。

自由への翼

バラードからアップテンポに変わったなって思ったら次はまたバラード曲。

青いエアメイル

この曲は個人的に凄く思い入れの強い曲でして(T_T)

♪選ばなかったから失うのだと・・・♪

って所がたまんないんです(T_T)

今回のツアーのMy favorite songはこれですね。
次も切ないバラード曲の

ジャコビニ彗星の日

この曲もよかったなあ。

そしていよいよライブはエンディングへと。

Flying Messenger

何かこの曲聴いて、ユーミンのライブに来てるんだ~って改めて実感したのは何故なんだろうか?

本編ラストの衣装変えはこれまた超セクシーなシルバーラメラメのボディコンワンピ(☆o☆)
映画「ボディガード」でホイットニーが着てたようなやつね。
で、曲は

守ってあげたい

これもジワってきましたね(T_T)

私が中学2年生の時、ユーミンを聞きだすきっかけになったのがこの曲。
この曲が収録されてるアルバム「昨晩お会いしましょう」は今でもユーミンのアルバムの中で一番好きだし。
私と同世代の方にはそんな人多いんじゃないですか?
ちなみに当時、松任谷由実と荒井由実は別人と思ってました(笑)

Forgiveness

曲のラストの方のスクリーンの子供たちの合唱。
そして天井から降ってきた銀の紙ふぶきが素敵でした。

まるでラスト曲のような演出でしたが、曲はまだ続く。

14番目の月

あのセクシー衣装でノリノリに動き回るユーミン。
途中で思いっきり脚あげましたよね。
見えちゃいましたよ、スカートの中が(゜O°; アッ!

そして本編ラストは

水の影

スクリーンには水面。
そして逆回転しだした時計の針。

バラード曲でしたが客席は全曲から立ったまま。
バンドメンバー紹介そしてスタンディングオベイションの中、本編終了。

アンコールへ登場したマリンルックのユーミン。

どうもありがとうございます。
楽しんでくれてます?
最後の経由地を経てみなさんを目的地へとお届けする訳です。
それが皆様にとってどんな所かは存じませんが・・・
お供できたことを嬉しく思います。
今日はどうもありがとうございました。


アンコール一曲目は

ダンデライオン~遅咲きのたんぽぽ

この曲は16歳の頃だったかな。
大好きでシングル盤もアルバムも買ったなあ。
今でも持ってますよ。

アンコール二曲目

埠頭を渡る風

これまた名曲です。
なんてのかな。
ユーミンサウンドの代表曲的な。


バンドメンバー退場。キーボードだけが残ってラスト曲

二人のパイレーツ

ありがとうございました

これで2時間少しのライブは終了。
場内には明かりがともり終了を告げるアナウンスが。
帰り始める客もいるけど、ここで帰ってはいけないのがユーミンライブ。
特に今日は地区最終日。
9割方の観客はそのまま残って再登場を促す手拍子を贈る。

で、

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!

やっぱり出てきてくれたユーミン

ほんとに嬉しいです。
アルバム作るのがちょっと時間かかっちゃったから・・・

凄くブランク感じちゃって・・・


と、話し出すユーミンは明らかに泣いてる。
ってか59レベル(ToT)
(ユーミンファンの方に「59」って分かんないか。「号泣」ね(笑))

年を重ねるのが怖かった2年間でした・・・
だから本当に嬉しいです・・・
まだできるだけ・・・
いっぱい活動します。
ありがとう・・・


あの女王ユーミンらしからぬ言葉にびっくりでした。
最後の方はホント涙で声にならないくらいでしたから。

そして・・・


そのままステージを後にしちゃいました。



えっ!

あの曲は!

Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン


そう、今回はあのお約束の曲は無し。
でも、最後のあのMC聞いたら納得です。
あれじゃ歌えないでしょうし。


今回のこのツアー。
追加で8月にまた同会場で4Day's行われます。
なんとかチケット取りたいんですが。
4日間でも8千人程度の収容だもんなあ。
かなり無理っぽいが、頑張ります!

会場出口にはセットリストが張り出されてましたね。
人混みの中、なんとか写メ撮ってきました。
フルサイズで載せるの具合悪いかなって思ってかなり縮小しましたが。

20090503-1.jpg

長文にお付き合いいただきありがとうございました。

セットリストです。

01.航海日誌
02.ベルベット・イースター
03.ピカデリー・サーカス
04.時のないホテル
05.Bueno Adios
06.まずはどこへ行こう
07.黄色いロールスロイス
08.幸せになるために
09.やさしさに包まれたなら
10.ハートの落書き
11.夜空でつながっている
12.自由への翼
13.青いエアメイル
14.ジャコビニ彗星の日
15.Flying Messenger
16.守ってあげたい
17.Forgiveness
18.14番目の月
19.水の影
(アンコール)
20.ダンデライオン~遅咲きのたんぽぽ
21.埠頭を渡る風
22.二人のパイレーツ
2009/05/04 00:12|ライブTB:0CM:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://orokamonoyo2.blog100.fc2.com/tb.php/1340-c54bb7ac

管理人よりお知らせ

只今、管理人がなかなかネットをできる状態でありません。
したがってブログの更新も不定期です。
いただいたコメントに返事をするのも非常に遅くなると思います。
どうかご了承ください。 また、「迷惑コメント」で荒れるのも嫌なんでコメントの方は承認制とさせていただいております。
承認後もすぐに返事できないかと思いますが、コメントいただけると非常に励みになりますのでどうかよろしくお願いします。
orokamono

今後参加予定のライブ

プロフィール

orokamono

Author:orokamono
生年月日/1967/4/8
職業/建設業
生息地/ライブ会場、甲子園球場

リンク

このブログをリンクに追加する

お気に入り

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Copyright(C) 2006 Return to Myself All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.