金と銀の器を抱いて 罪と罰の酒を飲んだ orokamonoのブログさ

最近の記事+コメント

年別アーカイブ一覧

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

神様、お願い。。。 

週末のスポーツ紙の片隅にこんな記事が載ってました。

SN3I0075[2]



ショーケンこと萩原健一氏の事が小さくですが、久しぶりにいい話題で載ってました(笑)

ショーケン、7年ぶり新曲レコーディング!

俳優兼歌手の萩原健一(59)が、7年ぶりに新曲をレコーディングし、音楽活動を本格的に再開したことが10日、分かった。曲は河島英五さん(享年48)が1986年に発売した名曲「時代おくれ」で、11月4日に携帯・ネットでの配信がスタート。現場では、間奏で英語のアドリブを入れるなど“萩原節”が健在で、「今が体調も気力も最高の状態!」と燃えている。
 ♪一日二杯の酒を飲み…。時代おくれと言われながらも、懸命に生きるオヤジたちを魅了した名曲が、ショーケンの声とともに甦る。
萩原にとって、新曲は2002年の「泣けるわけがないだろう」以来で7年ぶりとなる。このほど都内で行われたレコーディングでは、間奏の際に英語のアドリブを入れるシーンなどもあり、往年の“やんちゃ”なショーケンらしい現場に。旧知の音楽仲間たちと和気あいあいの雰囲気で進んだ。萩原本人も「体調も気力も最高の状態」と強調し、久しぶりのレコーディングを堪能した様子だったという。
「時代おくれ」は現在もカラオケなどで愛唱されている。関係者は、同曲を作詞した阿久悠さん(享年70)へのトリビュート(賞賛)の一環と位置づけており、「迷うことなく、今この楽曲を歌えるのは萩原健一しかいないという結論に至った」と話す。
萩原はかつて、知人の紹介で阿久さんを訪ねたことがあったという。阿久さんは大いに喜び、それからしばらくして「時代おくれ」(作曲は森田公一さん)が発表された。萩原との出会いが、阿久さんに何らかの影響を与えたのではと、この関係者はみている。
今回プロデューサーを務めたミューズ・プランニングの新田博邦代表は「萩原健一の新しいステージを飾るにふさわしい楽曲だと思います」と満足げで、「新時代に合わせて11月4日から配信形式でリリースします。携帯はレコチョク。パソコンはアイチューン。(CDなどの)パッケージは考えていません」と明かした。
13日放送のフジテレビ系「ザ・ノンフィクション」(日曜後1・45)は「ショーケンという孤独」と題して萩原をとりあげる。来年には全国ツアーを行う話も進んでいるといい、波乱の半生を歩んできたショーケンがついに時代に追いつき、追い越すことになる。

9月11日7時52分配信 サンケイスポーツ

時代おくれ=ショーケンかぁ
かつては時代の最先端を突っ走ってた人なのにねw
突っ走りすぎたんだろうな、きっと。

私が10代後半の頃。
当時発売されたライブLP&VHS
『アンドレマルローライブ』

当時の私にとって、衝撃すぎる作品でした。
それまでも萩原氏の事は多少知ってましたが、これを見て私の中で一気に神へと昇華して行きました。
それから彼の歴史をさかのぼり、色んな事を知り、そして彼のファッションを真似て少しでも近づきたい、ああなりたいと思ったものでした。

彼のライブには'88年、'90年そして'03年に参加しています。
今でこそ立派なライブマニアの私ですが、そもそもライブに行きたいと思わせたのは前記のライブ映像がきっかけでした。
'88年、自身のライブ暦2&3回目にして同一アーティスト連続参加。
'90年、このライブは東京でしか開催されなかった為、遠征。
今から20年ほど前に、今でもごく限られたアーティストでしか私が行わない行動を既にやってた訳ですね^^
'90年から'03年まで13年間。
そして'03年から今まででも6年の月日が流れてます。

この間にも、最初に載せた報道のように

来年には全国ツアーを行う話も進んでいると・・・

という話が何度か挙がってました。
その度、何かが起きて幻へと(苦笑)

現時点での最後のライブとなっている'03年の『エンター・ザ・パンサー』
彼のライブにMCって時間は存在しません(爆)
その彼が最後に言ってくれた一言。
もう、声にもならないガラガラの声で。

「今度はもう13年も待たせません」

そりゃ当時から13年経ったら歌えないでしょ(笑)

あれから6年。

ずっと待ってるんですよ。
イン&ヤンの服も捨てずにずっと持ってるんですよ。
ライブに着て行こうと思って。

今度こそ、この報道が真実になりますように。


来年、聞けるのだろうか?


♪会えたね~あなたに

神様お願いだ。
僕のあの人に会いたいのさ。



2009/09/14 21:38|音楽TB:0CM:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://orokamonoyo2.blog100.fc2.com/tb.php/1389-881ef60b

管理人よりお知らせ

只今、管理人がなかなかネットをできる状態でありません。
したがってブログの更新も不定期です。
いただいたコメントに返事をするのも非常に遅くなると思います。
どうかご了承ください。 また、「迷惑コメント」で荒れるのも嫌なんでコメントの方は承認制とさせていただいております。
承認後もすぐに返事できないかと思いますが、コメントいただけると非常に励みになりますのでどうかよろしくお願いします。
orokamono

今後参加予定のライブ

プロフィール

orokamono

Author:orokamono
生年月日/1967/4/8
職業/建設業
生息地/ライブ会場、甲子園球場

リンク

このブログをリンクに追加する

お気に入り

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Copyright(C) 2006 Return to Myself All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.