金と銀の器を抱いて 罪と罰の酒を飲んだ orokamonoのブログさ

最近の記事+コメント

年別アーカイブ一覧

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

コブクロ  LIVE TOUR '09 『CALLING』 2009.9.16 大阪城ホール(その1) 

*ネタバレ注意

例えば。。。

私の知人・友人で、音楽は一通り好きだけど特定のアーティストに肩入れしている訳でもない。
ライブにも一度も行った事はないけど、せめて一生の内に一回は行ってみたいんだけど誰がいいかな?

って質問をされたとする。

私は迷わず次の3組のアーティストの名前を挙げるだろう。

・DREAMS COME TRUE
・サザンオールスターズ


そして

・コブクロ

私の中では国宝級のライブアーティストであるドリカム・サザン。
その2組と同じ様に紹介できますね、彼らのライブは。

いや~これまた凄いライブでした(o^-')b グッ!

KOBUKURO
LIVE TOUR '09


CALLING

正直な所、今回のツアーは前回のツアー「5296」よりは・・・って思ってました。
前回の「5296」がアルバム・セットリスト共ものの見事に私のツボでした。
何てライブやるんだ♪⌒ヽ(*゚O゚)ノ スゴイッ!!!
なんせ同一ツアーに3回足を運んでもまったく色あせなかったですもんね、感動の質が。
そして後日発売されたツアーDVDがこれまた素晴らしい内容でしてv
あのツアーを「100点」とすると、今回のツアーは「100点」
があるかないかの違いだけです。
これはただ単に前回のセトリの中で私がたまらなく好きな曲が今回なかっただけの事。
ライブの中身的には前回同様、いやセトリの事を差し引いて考えると前回以上の内容だったんじゃないかと私は非常に満足しております\(^▽^)/


もう少し前置きを書きたいんですが、それはまた(その2)の時に。
このレポは書く前からもうすでに2回に分かれる事が確定してます^^
そう、この先は長文必至。

そして


もちろんセットリスト含むネタバレです


それでは続きへ。

DSCF5973.jpg DSCF5977.jpg
DSCF5979.jpg DSCF5981.jpg


*長文です。
*セットリストのみ知りたい方はページ最下部までスクロールして下さい。


私、このコブクロライブは3公演5回目の参加になるんですが、とにかく会場の雰囲気が凄いんですね。
開演前から完全に出来上がってるんですよ、観客のモードが((o(*^^*)o))わくわく
イッちゃってるっていうか、気持ちが入ってしまってるってのか。
これで盛り上がらない訳がないって状態の中、ライブはスタート。
*注、本文の緑文字は黒田クン、水色文字は小渕クンの言葉です。

ステージを包んだスクリーンには星空・銀河をイメージしたような映像が流れ、ツアータイトルの文字が並びます。

そしていよいよオープニング

1曲目は

サヨナラ HERO

コブクロにしては珍しいロック色の強いこの曲。
それもそのはずこの曲は故忌野清志郎さんに捧げた曲。

♪あの歌が RC(あるし)♪

あの歌とは『雨上がりの夜空に』の事ですよね。
ありがとう、そしてさようならHERO(清志郎さん)。
そんな思いを胸にしながらも気持ちはノリノリでした。
しんみりしてたら合わないですよね、RCに。そしてこの曲に。

おおさか~!

と、黒田クンの叫びのあとに2曲目



ステージ上部にかかった3本の虹がキレイでした

そして曲と共に彼らのライブの楽しみであるMCが始まります(^_^)

ただいま帰ってきました!

コブクロです。

こんばんわ~

大阪めちゃめちゃ楽しみにしておりました。


そしてステージ両サイドに設けられた通路にそれぞれが向かう。
客席から見て右が小渕クン、左に黒田クン。
ここで恒例の何処から来たかアンケート

さすがにご当地の大阪が9割ほどを占めてました。
兵庫・京都・奈良・滋賀・和歌山と他の近畿地区からもそれぞれ参加者が手を上げる^^
三重の時、 『三重って関西なん?』って発言がありました。
三重で平井堅を見た時も同じ事言ってましたね。
微妙な位置ですね@三重って^^
正確には中部地区ですね。
そして関西以外からの参加者は、名古屋・東京・広島・石川・横浜・長野、国外からは韓国って声も上がってたようです。

そしてこれも恒例の参加回数チェック。

初めての人も私も目には3割程度の方が手を上げてたんじゃないでしょうか?
2回目・3回目・・・と続き、私は5回目の所で(^▽^)/

じゃあ6,7,8,9回目~?

から10回目そして20回以上と質問が続きました。

今日のライブは今日だけしかないんです。

最高のライブにしたいんです。

頼むよ!
 


各メンバー紹介後、最後のメンバー扱いで

そしてお客さん!

と、紹介してくれましたv
そうですよね。オーディエンスも立派なライブのメンバーですよね。(゚ー゚)(。_。)ウンウン

最後までよろしくお願いします。

ほんの一瞬の間ですけど、

それがライブだと思ってますから。


本当にそうですね。
自分の生活の中の本当にわずかな時間。
本当に一瞬に過ぎ去って行くような短い間ですが、それが大きく生きる糧へとなるのがライブなんですよねv

ここからは私の大好きなコブクロの「ほんわかソング(o^-^o)テヘ♪」が2曲続きました。

NOTE

Sunday Kitchin


『Million Films』『Diary』などと同じ類の曲ですね。
なんかほんわかしません?こんな曲。
思わず顔が(o^-^o)テヘ♪ってなりそうな^^

アルバム『CALLING』の歌詞カード、『Sunday Kitchin』にはこんな言葉が書かれてました。

「人を良くすると書いて食」と
金八先生みたいな事を言っていた、食いしん坊の友達がいました。
本当、そうかも。
そんな日々の「食」を支える
スーパーの食品売り場での女性の後姿は
なかなか頼もしいものです。
愛情のこもった料理からは、素敵な「音」が聴こえてきます。
楽器と食器、なんだか似てますね。
(小渕健太郎)


小渕クンらしい女性に対しての思いやりに溢れた一言ですね。
で、私ですが。
ほぼ毎日、そんな頼もしい女性にまぎれてスーパーの食料品売り場にいます(ToT)59
毎日の食事の用意に頭を悩ませ、家計が頭をよぎり、そんな険しい表情を浮かべながらレジに並び帰って食事を作る。
そこに喜んで食べてくれる人がいればそれはそれでやりがいもあるでしょうが、中にはそうでない人もいるでしょう。
そんな時は、この曲を思い出して、そんな買い物中の女性を頼もしく素敵だと思っている男性もいるんだって思えたら少しは気分も晴れますかね?
少なくとも小渕クン、そして私はそう思ってます。
これって男性版『あなたにサラダ』かな(⌒_⌒) ニコリ



5曲目は

Summer Rain

サビの

♪今 君と雨に打たれ・・・♪

では黒田クンに合わせてムーブハンド
場内ピッタリ息が合ってましたねv
キレイでしたよvv

NOTE~Sunday Kitchin~Summer Rainでした。

歌い終わった後、もしくは歌う前には必ず小渕クンが曲のタイトルを紹介してくれます。
ありがとうの言葉と共に。
これ凄く素敵だと思うんですね。
全ての曲一つ一つを大切にしているって気持ちがもの凄く伝わってくるんですよ@彼らのライブに行くと。

「ラララララ・・・」のラストって言うた?(合図した?)

言うてない(笑)

そうやんな、聞いてないもん(笑)

アレ?って思って(笑)


曲と曲のわずかな隙間にもこうしてアドリブの掛け合いが始まります^^

先長いから座っといてくれる

(座るの)嫌な人は端に行って(爆)

強制ちゃうから


この後、眉間にしわって話しが発展して

眉間が26号線だの、こめかみの辺りが御堂筋だのなにわ筋だの(゚m゚*)プッ
大阪ならではのMCですね。
汗でびしょびしょになってる南大阪辺り(ズボンの辺)に目線が移るとそこからはこの日小渕クンが履いていたピンクのボトムへの話へと。

林家ペー・パーや

小渕クンがパー子さんの笑い方を真似してました^^

まだまだ続くMC

大阪はホンマ特殊な所や。

離れてようわかる


と黒田クン。

ホテルで必ず頼むってマッサージ師の話を。

全国で来てもらうんやけど、

大阪のマッサージ師だけは笑わそうとするねん。

別にマッサージに笑いはいらんねん!


って^^

ようやくMCも落ち着き歌へと。。。

ここからはギター一本で・・・

と、歌へ入ろうとする小渕クンのMCをさえぎり

なあ。。。

今日の変な感じわかったわ。

早よ歌え!って言うとんねん!ヾ(--;)ぉぃぉぃ

みんな^^

11年やってて初めてわかったわ(苦笑)


なかなか前に進みません(笑)

ここで一旦ステージを後にするバンドメンバーに対し、小渕クンが客席に向かって

このバンド、名前を付けたいんでよかったら今日のアンケートに書いて下さい。

ここでバンド名って言う所を

「バンドメンバーの名前・・・」

って間違えた小渕クンにすかさず黒田クンのツッコミが入るヾ(ーー )ォィ

メンバーの名前って・・・

最初から決まってるやんゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ

(メンバー決定)

そっから始める?!(笑)


ようやく曲へと( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

ここからはコブクロの二人の声とアコギだけ。
いわゆるアコースティックコーナーですね。

二人の声とギター、音が3つしかないから緊張もするけど、丸裸の状態を見てもらうにはいいかな?って思って。

とストリート時代の曲

君といたいのに

ストリート時代の曲だから聞いたことないなあって思ってたらシングル「STAY」に収録されてたΣ( ̄ロ ̄lll) 
いい曲でした。
買いに行きます!≡≡≡ヘ(*--)ノ

「君といたいのに」でした。
ありがとう。

もう一曲。


歌とギターだけだと比較的簡単に選曲できるからって事で次の曲は、その日に二人の気分で決めるって日替わりの選曲でそうで。

ずっとやってみたかった

って事ですが、私もこれは大賛成( v ̄▽ ̄) イエーイ♪

基本的にツアーのセトリはどの会場でも同じってのが望ましいです。
会場によって2曲も3曲も増えたり変わったりってのは私はあまり好まないです。
が、一曲だけ、その日のその会場でしか聞けなかった曲があるってのはツアーに参加する上で非常に楽しみだし、また各会場に参加した人同士の話題にもなりますよねv
「今日はあの曲だったよ」とかで盛り上がったりvv
このコーナーは非常に良い試みだと思います。
そう言えばこのツアー。
今までと比べて変化したような箇所が多々感じられました。
って3ツアー目の参加の私が言うなってですか(苦笑)

ではその

ギター一本だけだからこそ出来るコーナー

楽屋で今日決めた!


って曲は

三つ葉のクローバー

曲名が出た瞬間、一部からキャーって声が上がりましたが、私は知らない(|||_|||)
馬場俊英さんとの競作だそうでして。

私初めて聞きましたがこれも「ほんわか系」のいい曲ですね。
なんとか聞いて見たくてググってみたら、動画サイトのYou Tubeにありましたv(。・・。)

リンク張っておきます

コブクロ 三つ葉のクローバー

曲が終わり、いい歌だったなって思ってた瞬間

今、間違えたんお前やからな!

と黒田クンのツッコミが。

いつもなんで俺の所歌うねんヾ( ̄p ̄) ォィォィ

黒田が間違えたって思われるやんけ!


と、そこで小渕クンがボケ返す(笑)

小渕クンごめんね~

コード間違えた~


と、馬場俊英さんのもの真似で切り返す(笑)

もう音楽ライブなんだかお笑いライブなんだか分けがわかんなくなってきました(笑)

アコギコーナーのラスト曲は

ルルル

コブクロには珍しい失恋ソング。
聞いたことないなあって思ってたらシングル「虹」に収録されてたΣ( ̄ロ ̄lll) 
私、持ってます「虹」(* ̄m ̄) ププッ
帰ってソッコーで聞きましたf(^_^; 

バンドメンバー復活後の曲はこれまた私の大好きな

恋心

切ない片想いの曲は数多くありますが、これも名曲ですねv
最後のフレーズがものすごく好きです


そしてここからしんみりと、しっかりと聴かせてくれます。

バラード連発の初っ端は

天使達の歌

歌詞に雪ってフレーズがあるのに合わせてステージ上部のスクリーンには雪をイメージする映像が流れてました。

そしてその雪ってフレーズから冬・クリスマスを想像させてくれる曲です。

クリスマスに聞くといいだろうな^^

ってもちろん私は実行します(V^-°)

バラードラストは大圧巻でした( ̄◇ ̄;)


To calling of love


この曲、前ツアー『5296』で新曲として歌ってます。
私、3回行ったから当然3度聴いてます。


こんなに凄かったっけ?
って思ったのが正直な気持ち。

まあとにかくこの日のこの曲の黒田クンは凄かった!

いわゆる「神の領域」って場所に行ってしまったんじゃないかと思いました。

間奏時、ピアノソロの静粛さがまた一際黒田クンのボーカルの凄さを際立たせたような気がします。

この日、一万人を収容した大阪城ホールですが、誰一人一切の物音すら発せない雰囲気。

曲が終わった瞬間、その静粛さを打ち破る大拍手!

鳴り止む事を知らない大拍手でした。

話すきっかけがつかめない二人は何度もその拍手の中、おじぎを繰り返していました。

何回おじぎを繰り返しただろう。

その中、ヤッタネ!( ^^)/\(^^ )って感じでハイタッチの二人。

ようやく鳴り止んだ拍手から小渕クンのMCが始まりました。

恋心~天使達の歌~To calling of loveでした

この『To calling of love』って曲には色んなものが詰まってる曲で・・・

アルバムそしてツアータイトルにもこの名前を使って・・・



今日の黒田の声が凄すぎて・・・


涙が出てきました。。。



と、ステージ上で泣き出す小渕クン。


と、そこで黒田クン。


盛り上がってる所申し訳ないけど・・・



(お前)手、ベチョベチョ

さっき手合わせた時

手汗でベトベトなったやん(苦笑)



って照れからかボケようとする黒田クンを無視するように悦に浸る小渕クン

(あの声聴けて)
幸せやったな~

サビで泣いたなあ~じわ~って。

コーラス泣きながらやったもんな。


しかしあくまでマイペースを貫く黒田クンはステージに寝転がり


もう8割方俺の仕事終わったやろ。

糸が切れた凧ってのは正に今の状態。

今日はええやろ、もう。

用事ある人帰っていいで^^



さてこのままライブは終わるのか?(笑)

続きは(その2)へと。


長文をここまで読んでくれた方、ありがとうございます。


MCはかなり怪しいので、間違っている箇所などありましたらごめんなさい。


では(その2)で
マタネ!(゜-^*)/~

続きUPしました。

コブクロ LIVE TOUR '09 『CALLING』 2009.9.16 大阪城ホール(その2)

セットリスト

1.サヨナラHERO
2.虹
3.NOTE
4.Sunday Kitchin
5.Summer Rain
6.君といたいのに
7.三つ葉のクローバー
8.ルルル
9.恋心
10.天使達の歌
11.To calling of love
12.Moon Light Party
13.LOVER'S SURF
14.神風
15.轍ーわだちー
16.赤い糸
17.STAY
アンコール
18.ここにしか咲かない花
19.時の足音

2009/09/20 11:46|ライブTB:0CM:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://orokamonoyo2.blog100.fc2.com/tb.php/1391-b036c6fb

管理人よりお知らせ

只今、管理人がなかなかネットをできる状態でありません。
したがってブログの更新も不定期です。
いただいたコメントに返事をするのも非常に遅くなると思います。
どうかご了承ください。 また、「迷惑コメント」で荒れるのも嫌なんでコメントの方は承認制とさせていただいております。
承認後もすぐに返事できないかと思いますが、コメントいただけると非常に励みになりますのでどうかよろしくお願いします。
orokamono

今後参加予定のライブ

プロフィール

orokamono

Author:orokamono
生年月日/1967/4/8
職業/建設業
生息地/ライブ会場、甲子園球場

リンク

このブログをリンクに追加する

お気に入り

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Copyright(C) 2006 Return to Myself All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.