金と銀の器を抱いて 罪と罰の酒を飲んだ orokamonoのブログさ

最近の記事+コメント

年別アーカイブ一覧

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

MISIA 星空のライヴⅤ JUST BALLADE 2010.1.31大阪城ホール 

*ネタバレ注意
もっと早くUPするつもりだったが、仕事に追われてるうちに一週間も経ってしまった

今年、2010年の初音楽ライブへ行ってきました(^○^)/
(正確には長渕のカウントダウンで年をまたいでますが^^)
参加したのは

星空のライヴⅤ

Just Ballade

MISIA with 星空のオーケストラ 2010


2010.1.31大阪城ホール


'03年からこの'10年までの8年間の内、'06年以外は年頭一発目のライブはずっとMISIA。
これって結構すごくない?

『KISS IN THE SKY』 『MARS&ROSES』 『THE SINGER SHOW』

『ASCENSION』 『EIGHTH WORLD』 『DISCOTHEQUE ASIA』


そして『星空のライヴⅤ』

この他にも参加してるやつ数えたら今回含めて13回目のMISIAライブでした(^◇^ ;) ほぇ~

すっかりベテランの域ですね、@MISIAライブ参加回数が^^

ここよりはそんな私の恒例ライブレポ。

この追加公演は2会場4公演で、残りは今週末の横浜のみですがネタバレ踏みたくない方はご注意を。






*長文です。
*セットリストのみ知りたい方はページ最下部までスクロールして下さい。



今回のこの追加公演の事が明らかになったのは半年前、私が参加した淡路島公演でのMISIAのMCでした。
その時は詳細こそ発表されなかったものの、この時期に大阪城ホールでライブを行うってものでした。
その公演がこのツアーの流れのまま、ただ単に会場がアリーナになるってだけなら参加するつもりはありませんでした。
実際、11月の大阪公演はスルーしてるし。

そしてこのアリーナ公演の詳細がオーケストラライヴとなるって発表になり、『それなら行ってみたい』って気持ちになりました。

まっMISIA×オーケストラってのは思いっきり想定内なんですが、中身はガラッと変えてくるだろうなって思ってたってか期待してましたv

そして迎えたライヴ当日。

この日の大阪は朝から本降りの雨。
P1310005-1.jpg

この天候が淡路島の時じゃなくてよかったなってつくづく自分の天気運の良さに胸をなでおろしました (^^)b

P1310002-1.jpg P1310004-1.jpg

この日は日曜日にしては珍しく客の入りが悪く(のせいかな?)押しまくり、結局25分遅れで公演開始
( ̄д ̄) エー

幕が上がり現れたステージは森をイメージした立派な造り。
野外の時の自然がバックのステージと両方体験出来てよかったですねv

ステージセンター上部には『Ⅴ』が少し傾いて。

5-3-2

こんな感じかな?^^

その横には馬?鹿?牛?
この時には分からなかったが、後に『シマウマ』と判明(^m^ )

そしてオーケストラアレンジの中流れてきた曲は

銀河

w(°o°)w おおっ!!

今ツアー「星空のライヴV Just Ballade」のテーマソングとして、ずっとエンディングに歌われてきた曲をオープニングに持ってくるとは( ̄◇ ̄;)

こりゃ今日は何かスペシャルな予感がo(*▼▼*)o ワクワク・・

そして曲は通常リストへと

Stay in my heart

最後のサビの部分はやっぱりド迫力でした( ^ー゜)b

MISSING AUTUMN

この曲でクラップハンド&スタンディング

大阪~!

挨拶がてらのMCの後、ストリングスアレンジがベリーグッドなバラードナンバーが。。。

眠れぬ夜は君のせい

そして、私がこの曲を初めて聞いた『MARS&ROSES』ツアーで大感動し、その後の『星Ⅲ』で聞いて以来何故か私の中の「星空のライヴ」テーマソングとなってるこの曲

忘れない日々

この曲がストリングスアレンジに合わない訳がない(°ー°)(。_。)ウンウン

よかったです(T_T)

そして

是非歌ってみたかった

と紹介されて歌ったのは

名前のない空を見上げて

この曲も大好きで、このブログでもこの曲を取り上げた事あります。
空の写真と共に。

この日の「My favorite song」はこの曲ですね♪
と、ここで少し自分に疑問なんだが???

「星Ⅴ」前回参加の「My favorite song」は『Birthday cake』
そして今回の『名前のない空を見上げて』
この両方の曲が収録されてるアルバム『SINGER FOR SINGER』
このツアーは正直私全然感動しなかったんですよね。
あれから4~5年経ってこの大好きな2曲が改めて聴けてよかったですねv

次はストリングス効果で原曲にかなり近づいた

Everything


4曲続いた極上バラードに聴き入ってしまいました゛ (゜・゜* ホレボレ

スローから一転、次はラテン系アップテンポの

Call me Love me

スクリーンに映されたランダムなナンバーは電話番号でしょうか?
「Call me」って事かな?^^

地平線の向こう側へ

では後半のアドリブでスタンディングオベイションが発生

私の大好きな「明夫ちゃん」との掛け合いも素敵でした( ^ー゜)b

バンド演奏を挟んで

逢いたくていま

唇と唇


そしてこれもストリングス効果で極上バラードとなった

To Be In Love

ステージ上部から舞い落ちてきた雪がキレイでしたねv

ありがとうございます。

みなさん楽しんでいただけたでしょうか。

今夜のライヴが終わると日常に戻りますが、

今夜の思い出はずっとずっと心の中に

残しておいて下さい。

今日はここで歌えて本当に幸せでした。

本当にありがとうございました。


太陽のマライカ

そして本編ラストは

星のように・・・

一旦下りた幕が再び上がりアンコール

いつまでも

中途半端な高さで幕が止まりましたが、サイドの方はMISIA見えたんでしょうか?

そして私が冒頭に抱いた何かスペシャルな予感はこのアンコールでMAXにo(*▼▼*)o ワクワク・・
だってもうエンディング曲はとっくに歌ってるし、私が願うはあの曲のみ(^人^) オ・ネ・ガ・イ♪
で、次の曲は

約束の翼

?ヽ( ^ 。^ )ノ? アレアレー?

ありがとうございます。

星空を見上げる度に思い出してください。

このエネルギーを明日からの活力に換えて

がんばってください

がんばっていきましょう!

この曲を聴いてください


少しずつ 大切に

(- -)「・・・・・」

曲終了後はメンバー紹介。

そして

最後にMISIAと呼んでください

MISIA~!


まあこうして歌も演奏も最上級のライブだったんですが、こう何かモヤモヤ感が残ったまま( _ - _ ;) ウーン・・・

この気持ちを何て書けばいいんだろうってライブ終わってからずっと考えてたんですね。

何か適切な言葉は?と。

そしたら昨夜たまたま点いてたテレビからこんな一言が。


「思ったとおりの味」

そう!私が言いたいのはまさにそれ!(☆o☆)

不満も何もないんです。
思ったとおりってある意味すごく素晴らしいんだと思うんですが。

そんな気がした今回の『星Ⅴ』でした。

ここまでお付き合いくださった方、本当にありがとうございましたm(_ _)m

最後にセットリストです。


セットリスト

01. 銀河
02. Stay in my heart
03. MISSING AUTUMN
04. 眠れぬ夜は君のせい
05. 忘れない日々
06. 名前のない空を見上げて
07. Everything
08. Call me Love me
09. 地平線の向こう側へ
10. 逢いたくていま
11. 唇と唇
12. To Be In Love
13. 太陽のマライカ
14. 星のように・・・
アンコール
15. いつまでも
16. 約束の翼
17. 少しずつ 大切に
2010/02/07 13:09|ライブTB:0CM:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://orokamonoyo2.blog100.fc2.com/tb.php/1424-fd8fd89d

管理人よりお知らせ

只今、管理人がなかなかネットをできる状態でありません。
したがってブログの更新も不定期です。
いただいたコメントに返事をするのも非常に遅くなると思います。
どうかご了承ください。 また、「迷惑コメント」で荒れるのも嫌なんでコメントの方は承認制とさせていただいております。
承認後もすぐに返事できないかと思いますが、コメントいただけると非常に励みになりますのでどうかよろしくお願いします。
orokamono

今後参加予定のライブ

プロフィール

orokamono

Author:orokamono
生年月日/1967/4/8
職業/建設業
生息地/ライブ会場、甲子園球場

リンク

このブログをリンクに追加する

お気に入り

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Copyright(C) 2006 Return to Myself All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.