金と銀の器を抱いて 罪と罰の酒を飲んだ orokamonoのブログさ

最近の記事+コメント

年別アーカイブ一覧

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

アンジェラ・アキ HOME SWEET HOME 5 YEARS ~ベストヒット&オールリクエスト~ 2010.12.20 大阪城ホール(その1) 

前記事の「矢野トークショー」の翌日(ってマジでどんだけハードスケジュール

我が心の友「アンジー」の5周年記念スペシャルライブに参加してきました(V^-°)イエイ!


アンジェラ・アキ 

HOME SWEET HOME 5 YEARS

~ベストヒット&オールリクエスト~


2010.12.20 大阪城ホール


彼女のライブは4ツアー5回目の参加となるんですが、本当に本当に『アンジェラ・アキ』ってアーテュストを知りまた聴く(観る)事が出来て本当に幸せですヘ(*^0^*)v

前回参加からちょうど1ヶ月ですが、今回のライブはタイトル通りのスペシャルプログラム。
期待を胸に当日の会場へo(*^^*)oわくわく




*長文です
*セットリストのみ知りたい方はページ最下部までスクロールして下さい。


この日の会場はアンジー2年ぶり2回目の大阪城ホール。
まずはグッズ売り場で「Tシャツ」を購入。
前ツアー『LIFE』の際に、今回購入するからと諦めたんでねv

PC200276.jpg PC200283.jpg

グッズ購入時の袋もロゴ入り。
こういうのって何気に嬉しいですよねo( ^_^ )o らっきー♪
早速着替えて会場入り。
この日は前記通り、城ホアリーナ10列目ってかなり奇跡的な席\\( ⌒▽⌒ )// バンザーイ
座席の上にはスペシャルライブらしく2通の封筒が置かれてました。

PC200285.jpg

事前に予測していた私は持参したカッターナイフにてあらかじめ口だけ開封。
なんでって、前の「浪速のMy Keys」の時に、開け口めっちゃきたなくなっちゃったんで^^

開演時刻を少し押した19:15
バンドメンバーに続いてアンジー登場。
この日はメインステージの他に花道が設けられ、そこにサブステージが設置されてました。
これはアリーナでのライブならではですねv
そのサブステージのピアノに座ったアンジー。
注目の1曲目は

心の戦士

スペシャルライブらしく、この日は5人でのバンド編成。
私のアンジーライブ歴最多のメンバーでした。
この1曲目から感じたんですが、最高に音の調整(モニターエンジニア)よかったですねv。
実際、城ホで一発目からバッチグー( ^ー゜)bって無い事多いんでね。

しっとりバラードの次の曲で早くもスタンディング&クラップの次曲

Again

通常、どのアーティストのライブでも1~2曲披露の後、挨拶程度のMCが始まるんだが、アンジーライブではいきなりクライマックスを迎えます@MC(笑)

みなさんどうもありがとう。

こんばんわ。

アンジェラ・アキです。

「HOME SWEET HOME」 へようこそ。

今日は今までで一番最高にしようと思ってるからv

あっっ。

話長くなるから座ろっ(笑)


ツアータイトル「HOME SWEET HOME」への語源の旅へ。

長旅からようやく「我が家」へと帰って来た時に発する言葉。

と、2年ぶりの城ホへ

ただいま帰って来ましたv(⌒o⌒)vイエーイ

2年前、城ホールへ来てくれた人は知ってると思うけど、今回も①②の封筒を用意しました。

私がいいって言うまで絶対に開けんといてや!

あっ、でもいざって時にガサゴゾしたら迷惑やから取り出しやすい所に置いといてな^^


2年前はピアノだけ。

今日は5周年に掛けて5人のトップミュージシャンに来てもらいました。


と、メンバー紹介後にようやく次の曲

の、説明のMC(笑)

次のリクエストナンバーは。。。

今回のライブはオールリクエストによって作ったセットリストやから。

この曲で私を知ってくれた人も多いかも。

「ファイナルファンタジー」の主題歌


として紹介された曲は

Kiss Me Good-Bye

徳島なまりのMCから打って変わって、素晴らしい歌声のバラードです^^

続いて

愛の季節

この時、メインステージのピアノが180度回転。
今まで背中を見ていた私の正面を向く位置にv
次の曲も極上バラードの

孤独のカケラ

ホント、アンジーのバラードはうっとり聞き惚れます(*・・*) ポッ

さあみなさん

こっから盛り上がるよ~!

カモ~~ン!!!


の掛け声でスタンディング&クラップハンド

Music

ラス前には

おおさか~

のコールと共にムーブハンド

コーラスとのアドリブ?コール&レスポンスがめっちゃかっこよかったです。
アンジーライブでこんなシーン見たの初めてだったしねv

この日のアンジーが着ていたナンバーTシャツ。
私はここまでほとんど背中ばかり見ていて(向いてて)
背中に「15」と書かれてたんですね。
なんで「15」なんだろう?と思ってたら、前には「5」の文字が。
で、よく観ると両方の袖口にも「5」が。
で、全部足して背中に「15」なんですね(  ̄O ̄)なるほど。

どうもありがと~

みんなも楽しんでる!?

上の方のみんなも^^

あっ、しゃべるコーナーやから。


とのMCに一斉に座りだす観客を見て

これだけで(座ってって)分かるねんな(笑)

5年やって色んな人がライブに来てくれるようになって。

家族連れで来てくれる人が増えたのがすごく嬉しい。

(自分は)

親とライブに行った事無いから


ってくだりから

アメリカ人の母から聞いたビックリする話

なんでもハワイの寿司屋での出来事だそうですが。
長いんで要約すると(笑)

隣合わせた日本でも仕事したことがあるってミュージシャンを名乗る男性に、娘(アンジー)が武道館でもライブ出来るほどの売れっ子ミュージシャンであるって自慢げに話したその相手とは、


メタリカの方だったそうで。(^◇^ ;) ほぇ~

続いてカップルの話。

お互いの趣味が違う方が長続きするって事ですが、
(今日はアンジー好きの彼女に)


強引に連れて来られて。。。

バンプ・オブ・チキン見たかったのになって男子もおるやろうけど(爆)


あっ!

手ぇ挙げないで!

そんな人見たない!


でもそんな人(アンジービギナー)に向けても

(心に響くように)歌うから^^


と、某グループのMCでも聞いた事のあるようなMCの後(笑)
リラックスして聴いてほしいとのコーナーは

『心の戦士』のC/W曲より

「TODAY」(SMASHING PUMPKINS)
*2ndアルバムタイトル曲とは別の曲

次のリクエスト曲はシングル曲以外でのNO.1リクエスト曲

ピアノ&アコギって今までにやったことのないってアレンジで披露されたのは

One Melody

マジ泣きできる切ないバラードでした(T_T) ウルウル

メインステージに戻っての曲はこれまた泣けるメッセージソングの

LIFE

この曲にどれだけ強いメッセージが込められてるか(T_T)
あ~歌詞書きてえ(笑)

次の曲は今回最小のリクエスト曲(30通程度)よりジャズクラブ風にと、ピアノトリオ(ピアノ・ドラム・ベース)での演奏の

空はいつも泣いている

そしてギターを手にしたアンジー。
次の曲はモチロン

輝く人

前ツアーで聴いたオリジナルのアレンジとは異なり、この日はかなりロック色の強いアレンジがかっこよかったです。
特に間奏でのアドリブのコーラスとの掛け合いがたまんなくかっこよかったですv


。。。


やっぱりアンジーライブレポを一つの記事にまとめるのは不可能ですね(笑)

続きは(その2)としてUPしますね。

ここまでお付き合いありがとうございました。

最後にセットリストです。



セットリスト

01.心の戦士
02.Again
03.Kiss Me Good-Bye
04.愛の季節
05.孤独のカケラ
06.Music
07.TODAY
08.One Melody
09.LIFE
10.空はいつも泣いている
11.輝く人
12.組曲「宇宙-レクイエム-モラルの葬式-宇宙」
13.Rain
14.This Love
15.たしかに
16.手紙~拝啓十五の君へ~

アンコール

17.サクラ色
18.HOME
2011/02/27 09:57|ライブTB:0CM:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://orokamonoyo2.blog100.fc2.com/tb.php/1515-61db4cc7

管理人よりお知らせ

只今、管理人がなかなかネットをできる状態でありません。
したがってブログの更新も不定期です。
いただいたコメントに返事をするのも非常に遅くなると思います。
どうかご了承ください。 また、「迷惑コメント」で荒れるのも嫌なんでコメントの方は承認制とさせていただいております。
承認後もすぐに返事できないかと思いますが、コメントいただけると非常に励みになりますのでどうかよろしくお願いします。
orokamono

今後参加予定のライブ

プロフィール

orokamono

Author:orokamono
生年月日/1967/4/8
職業/建設業
生息地/ライブ会場、甲子園球場

リンク

このブログをリンクに追加する

お気に入り

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Copyright(C) 2006 Return to Myself All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.