金と銀の器を抱いて 罪と罰の酒を飲んだ orokamonoのブログさ

最近の記事+コメント

年別アーカイブ一覧

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

竹内まりや souvenir*again~竹内まりや LIVE 2010 2010.12.21 大阪城ホール(その1) 

前記事の「アンジーライブ」の翌日です(って事は3日連続外出

私、音楽のライブって物に出かけるようになってこれで「153回目」となりました。
もちろんまだまだ出かけますが、今回を持って一つの到達点に辿り着いた様な気がしました。
孫悟空が天竺に着いたような^^
この私にそんな「悟りの境地」に達した様な感情を抱かせたこのライブ。

竹内まりや

souvenir*again

~竹内まりや LIVE 2010


2010.12.21 大阪城ホール


こんなライブがあるんだヽ(^_^;))((^。^;)ノほぇ~
こんなアーティストいるんだヽ(^_^;))((^。^;)ノほぇ~

私にとっての最後の大物

それではここからは当日を振り返って(ってもう2ヶ月も経ってるしってか今回だけは本当に書くの自信ないし

そんな不安満載のライブレポは続きに。。。




*長文です
*セットリストのみ知りたい方はページ最下部までスクロールして下さい。


この日の大阪は雨。
夕方から降り出した雨は、大阪城ホールへ着いた頃には本降りに。
この雨が、私にとってものすごくこの日のライブをより感傷的へと導いたのであります(苦笑)

この日もまずはグッズ売り場へ。

PC210306.jpg

普段のライブでは滅多に買うことの無いパンフレットを真っ先に購入。
後はキーホルダーを。
(ちなみにこれらは彼女からのクリスマスプレゼント扱いに

PC210313.jpg

このツアータイトル「souvenir=記念品」ってのにピッタリな豪華パンフレットでした。
ちなみに「竹内まりや」歴での初のパンフレットだそうです。
まだ今ならネットで購入可能のようです(2月27日現在)
気になる方はお早めに。(ライブ特設ページ)

雨が降ってたんで、すぐに会場入り。
そして座席に着くと、ほぼ定刻通りに客電が落ちライブ開演

ですが、ここからこの日のオープニングアクトの「センチメンタル・シティ・ロマンス」の演奏が。。。
さすがに上手いんですが、さっぱり耳に残りませんでした<(_ _)> ゴメンネ
こうして約30分の演奏を経て、その後にステージ転換。
結局、告知されてる開演時間から1時間後の19:30になって「まりや様」のライブスタート。
この辺りはチケットもしくは入場口に明記しておいてほしいものです
18:30に間に合うようにどんだけやりくりしてこの場所へ来たものか。
はっきり言って無駄な労力である
少し毒づいてしまいましたが、私にとってはこの時間が非常にもったいなく思えたもんで。

さて気を取り直して。

ツアーのタイトルコールの後、バンドメンバー登場(もちろんあの山下達郎氏もV(^-^) )
そしてギターを手にした「まりや様」が登場。
いや光臨か。
アーティストには思えないような、いや今まで見たアーティストには無かった独特なオーラが。
それは「セレブ感」ってのか「品格」なのか。
なんかリアル「聖母様(マリア)」みたいな^^

オープニング曲は

家(うち)に帰ろう(マイ・スイート・ホーム)

ギターのイントロ流れた瞬間に全身に電流が走りましたよ
本当にこの人のライブに来る事が出来たんだってねv

続いて2曲目

マージービートで唄わせて

そして

毎日がスペシャル

クールな大興奮?
なんとも言えない感情が私を包みました。
ただ、この3曲目までは音調悪かったですね。
4曲目からは見事に改善されてたんで、返す返すも残念です

そして初MC

みなさんこんばんわ。

竹内まりやです。

長らくご無沙汰しておりました。

今日はみんなで

素敵な夜にしましょう。


と、一般的なつかみのMC。
ってか前日が強烈だったんで(笑)

遠い夏の恋に思いを馳せながらこんな1曲を

と、4曲目は

象牙海岸

ミディアムテンポが続く次曲は

告白

このシングル曲の前後作3作が結構「ダーク」な歌詞でして。
幸せ満載のこの人がなんでこんな歌詞書けるんだろうって当時思ったもんでした^^
ってか当時は私も結構「ダーク」だった(爆)
この次のシングル「マンハッタン・キス」はめっちゃ好きです(した。)
で、この曲。
ラストのサックスソロがよりアダルトなムードを演出してGoodでした( ^ー゜)b
そしてMC。

改めましてこんばんわ。

竹内まりやです。

10年前にライブ行って以来。。。

その時のスポンサーにオファーを受けて。。。

何が何でも歌いたいってタイプじゃないんですが、

ファンの顔が見たいって思いで開いたコンサートです。


とここからは自身のプロフィール紹介的なMCを。

'78年にデビューしてから3年。

体調不良&結婚を期に休業宣言を。

そんな独身最後のアルバムから、自分の気持ちを歌ったって次曲は

僕の街へ

改めてですが。
この人からは「欲」ってかガツガツ感が全く感じられないんですね。
だからこその独特な世界観が生まれるんでしょうが。
この曲をリアルタイムで聴いていた訳じゃありませんが、いい曲ですねえ。

休業中、アン・ルイスに曲を書いたのをきっかけに、楽曲提供のオファーが数多くあったそうで。

表立った活動を行ってなかったにも関わらずの誘いがありがたかったと。
あの頃、曲を書いててよかった。


そんな提供曲がいつしか自分のスタンダードナンバーへと育って行った。

と、ここでまさかの観客の年代調査。

10代はごく稀、20代・30代もパラパラ。

40・50代でこの日の会場の9割を占めていたんじゃないでしょうか?

70代・それ以上の方もいらしてたようで。

そんな世代を超えて。。。

みなさんに元気になっていただけるように。。。


と、イントロが流れた瞬間に0(>_<)0 ウーとなったのは

元気を出して

この曲は、当時好きだった「薬師丸ひろ子」の1stアルバムのオープニング曲でしたよね。
よく聴いてました。
また、まりやさんがセルフカバーした際にはコーラスで参加してましたね@ひろ子ちゃん。
この日、ここだけでも出て欲しかったなあ^^
って、山下達郎のバックコーラスが聴けただけでも超豪華なんですけどねv

ここからはアコースティックコーナーへ。

可愛い!

って客席からの声援の返しに

それほどでも(クレヨンしんちゃん風に)

このコーナーで相棒を務めるギタリスト「佐橋 佳幸」氏との運命的な馴れ初めを。

まりやさんの大学時代に渋谷で行われた「シュガーベイブ」ってバンドのインストアライブの事。

ポップな曲なのにMCになった途端、「世の中に恨みでもあるのか?」って暗いボーカルのバンドだったんだが、当時中学2年生だった「佐橋」氏もそのライブをチャリで見に行ってたそうで。
そう、同じ空間を共有していたそうで。
で、私はその7年後、「暗い人」の嫁となり、それが縁でインストアライブから20年経った後に「佐橋」氏と競演することとなり、さらにその「佐橋」氏は「松たか子」と結婚する事に^^

と。
で、その結婚の話から

自分は阿部って人とは結婚したくなかった。

何故なら

「阿部まりや(アヴェ・マリア)」なんて銀行で呼ばれたら恥ずかしい(笑)

同様の理由から、友達の「マキちゃん」は「原」さんと「伊達」さんとは結婚しないそうで(笑)

って散々脱線したMCの後のアコースティックコーナーは

五線紙

次はまた次曲の前振りのMC(ってこんなにしゃべる人とは思わなかった)

人生とは人と人との出会いによって成り立ってると言っても過言じゃない。

と、あの時あれがなかったら今の自分はありえないって分岐点をいくつか話した後、


タイミングは、運命は全て決まっているのかな?。

ってのには激しく同意です(゜ー゜)(。_。)(゜-゜)(。_。)ウンウン
そんな運命的な出会いの一人、「杉 真理」氏の曲が次の曲

ウイスキーが、お好きでしょ

ジャズなアレンジがアダルトなムードでよかったですね。
ってか「でしょ」がかなり艶っぽいんですが(*^o^*)

次の曲は名盤「DENIM」より。
今になっては以外なんですが。
このアルバム「DENIM」を発売日に購入し、初めて聞いた時に最初に気に入った楽曲が次の

みんなひとり

まあ同アルバムを聴くうちに私の「人生のfavorite song」が誕生したんですけどね。

さてさて。
またも長文になっちゃいましたね^^
続きは別記事にてUPします。

ここまでお付き合いくださりありがとうございました。

最後にセットリストです。



セットリスト

01. 家(うち)に帰ろう(マイ・スイート・ホーム)
02. マージービートで唄わせて
03. 毎日がスペシャル
04. 象牙海岸
05. 告白
06. 僕の街へ
07. 元気を出して
08. 五線紙
09. ウイスキーが、お好きでしょ
10. みんなひとり
11. 駅
12. プラスティック・ラヴ
13. チャンスの前髪
14. J-BOY
15. 人生の扉

アンコール

16. すてきなホリデイ
17. アンフィシアターの夜
18. 不思議なピーチパイ
~September
19. いのちの歌
2011/02/27 14:48|ライブTB:0CM:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://orokamonoyo2.blog100.fc2.com/tb.php/1516-dd1f685d

管理人よりお知らせ

只今、管理人がなかなかネットをできる状態でありません。
したがってブログの更新も不定期です。
いただいたコメントに返事をするのも非常に遅くなると思います。
どうかご了承ください。 また、「迷惑コメント」で荒れるのも嫌なんでコメントの方は承認制とさせていただいております。
承認後もすぐに返事できないかと思いますが、コメントいただけると非常に励みになりますのでどうかよろしくお願いします。
orokamono

今後参加予定のライブ

プロフィール

orokamono

Author:orokamono
生年月日/1967/4/8
職業/建設業
生息地/ライブ会場、甲子園球場

リンク

このブログをリンクに追加する

お気に入り

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Copyright(C) 2006 Return to Myself All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.