金と銀の器を抱いて 罪と罰の酒を飲んだ orokamonoのブログさ

最近の記事+コメント

年別アーカイブ一覧

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

大関西人 in 東京 2011年版(その1、9.17編) 

2011年9月17日~19日の3日間。
ドリのライブをメインに2泊3日の東京観光を楽しんで来ました(V^-°)イエイ!
3日間全てが休みじゃないんで、休みを取って。
『9月誕生日の父親の喜寿の祝いで東京旅行に行く』
と言って。
『父親の喜寿』も『東京旅行』も本当の話です^^
じゃ何が違うんだ!?(笑)

さて今回の旅行はツアーのフリープランを利用しての物です。
往復新幹線(のぞみ)と後楽園にあるホテル2泊で\29,800,-だからかなりお得だったと思います。
新幹線もホテルも快適だったしv

P9170098.jpg

当日は4時に起きて準備を。
新大阪発は6:30
「逆大阪LOVER」の始まりです。
車内ではずっと「ドリカム」を聴いてました
今回のセトリに編集したのを携帯に入れて。
ビックリしたのが今の新幹線って電気のコンセントあるんですね、足元に。
おかげで電池残量を気にせずに済みましたv

P9170101.jpg名古屋

P9170102.jpg浜名湖

P9170103.jpg新横浜

を経て東京へ
P9170104.jpg

この日は雨が降っており富士山を拝む事はできませんでした。
東京に着いたのが9時過ぎ。
荷物をコインロッカーに入れメトロ・都営地下鉄一日乗車券を購入しました。
そうそう!
今のコインロッカー鍵が無いタイプのやつあるんですねw(°o°)w おおっ!!
レシートに暗証番号書いてて、それでロック解除するやつ。
ビックリしました。





丸の内線東京~日比谷線銀座~築地
いきなり逆方向に乗ってしまい大ボケかましてしまいましたが(笑)
無事に最初の目的地へ

P9170106.jpg

築地場外市場
別に真っ先に来たかったって訳じゃないです。
ほとんどが日・祝休みだからこの日に行かなきゃ意味ないんで。

目的地は数点あったんですが、まず初っ端に出くわしたのが

P9170107.jpg P9170108.jpg

井上 (いのうえ)
朝からラーメンです^^
かなり混んでましたが、案外すぐに食べることができましたv

P9170109.jpg中華そば\650,-

東京は何でも高いイメージですが、このラーメンでこの値段は納得です。
ボリューム満点で美味しかったですv

そして

P9170110.jpg P9170111.jpg

「サンジャポ」でお馴染みのお店です。
ラーメン食べたばかりだし、炎天下の中で玉子焼き持ち歩くの抵抗あったんで買いませんでしたがm(_ _)m
他にもいっぱい玉子焼きのお店あるんですねココ。
で、これなら食べれると思い買い食い^^

P9170112.jpg P9170113.jpg

甘さ控え目かったけど、それでも結構甘かった。
他に
P9170115.jpg P9170116.jpg

うなぎ串や

P9170117.jpg P9170118.jpg

P9170119.jpg P9170120.jpg

たい焼きならぬマグロ焼きを^^

P9170114.jpg P9170121.jpg

約1時間ほど滞在して次の目的地へ。

築地に行って何か忘れとりゃせんかい?ヾ(°∇°*) オイオイ

ってですよね。
はい、鮮魚でしょ。
実は二人とも生の魚苦手でして^^
だから寿司や海鮮丼には全く興味無いんでありました(笑)

都営大江戸線築地市場~新宿

P9170130.jpg

ここで新宿へ。
寄ったのはここ。

P9170124.jpg P9170126.jpg

ルミネtheよしもと

なんで大阪から「よしもと」やねんヾ(°∇°*) オイオイ
一度東京でもお笑いライブ見たかったし、浅草演芸ホールは時間長くてちょっとね。
いやしかしめちゃくちゃ面白かったですよ、漫才も新喜劇も(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!
見に行ってよかったですv

そこから歩きで移動。

P9170131.jpg

東京都庁

4年前に無料の展望台が凄く気に入ったからv

P9170136.jpg P9170137.jpg

P9170140.jpg P9170147.jpg

やっぱり東京は大都会だなって実感しました。
「国立競技場」が懐かしかったですv

P9170133.jpg

都営大江戸線都庁前~日比谷線六本木~東急東横線中目黒~自由が丘

次は自由が丘へ。
行ってみたい店があったんですよo(*▼▼*)o ワクワク・・

P9170151.jpg P9170152.jpg

フローレスセイコ

タレントショップの先駆け的な店じゃないでしょうか。
一時は誰でも彼でも店を開いてましたが、そのほとんどはもう無いですよね。
そう思うとホント彼女は凄いですよね。
ここでは過去ツアーのトラックをタオルを購入

P9200522.jpg

この地を訪れたのはもちろん初めてですが、神戸の異人館辺りに雰囲気が似てるかな?
閑静な街並みでした。

P9170153.jpg

そこへ突如現れたのが

P9170155.jpg

TSUYOSHI NAGABUCHI OFFICIAL CAFE Rock On

いやいや、らしくていいですが(笑)
ここでは結局何も買わなかったけど^^

東急東横線自由が丘~日比谷線中目黒~丸の内線銀座~東京~後楽園

ここで宿泊地のホテルウイング後楽園にチェックイン。

P9190356.jpg P9180261.jpg

駅から歩いて10分かからない範囲で4駅ほどあるし、東京ドームはすぐ近くだし、店もあるしで気に入りましたv
次は野球で来ます!
チェックインしたのも束の間。
荷物置いてシャワーしてすぐに外出。

丸の内線後楽園~半蔵門線大手町~青山一丁目

食事も兼ねて訪れたのは

P9170164.jpg P9170169.jpg

矢沢永吉オフィシャルショップ DIAMOND MOON

DIAMOND MOONのコンセプトでもある、「矢沢永吉ファンの隠れ家」、「都会のオアシス」のとおり、周囲は閑静な住宅街となっております。

ってある通り、最初は間違えたんじゃないかって思いました。
永ちゃんの店があんな場所にひっそりと構えてるのが不思議でしたが、入ってみるとそこはさすがスーパースターの店ですv

P9170172.jpg P9170174.jpg

P9170175.jpg P9170177.jpg

P9170178.jpg P9170180.jpg

ここは動画以外の撮影は可と太っ腹v
2階のショップにてグッズ購入後、1階のバーへ。

P9170183.jpg P9170188.jpg

P9170191.jpg P9170192.jpg

★E.YAZAWA 62nd Anniversary SET/ビール
\1,500 (15穀パンのBLTサンド、生ビール、62nd Anniversaryグラス)
★ ザ・プレミアムモルツ+生ハムのチャバタサンドセット 
\1,800(DIAMOND MOONオリジナルプレート付)


をいただきましたv
バーでは大型のスクリーンでライブ映像が流れてて、最高に旨いビール飲むことが出来ました。
買ったグッズと付いてたグラス等

P9200520.jpg

いや~ここはまた行きたいと思わせる店でしたねv

P9170193.jpg

都営大江戸線青山一丁目~赤羽橋

この日最後に訪れたのは

P9170196.jpg

P9170205.jpg

東京タワー

ここはドリのライブに行く前に寄っておきたかったんです。
ストラップ欲しかったからw

P9200507_20110921201709.jpg

展望台に昇りましたが、やはり節電の影響で暗かったですね。

P9170211.jpg P9170221.jpg

P9170227.jpg

ここまで散々歩いて足が痛かったんで最後はさすがにタクシー使っちゃいました。
ホテルまで\3,000、-ほどでしたが。

ここまで大満足の初日でしたw

P9170229.jpg



 
2011/09/23 08:52|プライベートTB:0CM:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://orokamonoyo2.blog100.fc2.com/tb.php/1614-b7babba7

管理人よりお知らせ

只今、管理人がなかなかネットをできる状態でありません。
したがってブログの更新も不定期です。
いただいたコメントに返事をするのも非常に遅くなると思います。
どうかご了承ください。 また、「迷惑コメント」で荒れるのも嫌なんでコメントの方は承認制とさせていただいております。
承認後もすぐに返事できないかと思いますが、コメントいただけると非常に励みになりますのでどうかよろしくお願いします。
orokamono

今後参加予定のライブ

プロフィール

orokamono

Author:orokamono
生年月日/1967/4/8
職業/建設業
生息地/ライブ会場、甲子園球場

リンク

このブログをリンクに追加する

お気に入り

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Copyright(C) 2006 Return to Myself All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.