金と銀の器を抱いて 罪と罰の酒を飲んだ orokamonoのブログさ

最近の記事+コメント

年別アーカイブ一覧

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

小田和正 KAZUMASA ODA TOUR 2012 どーも どーも ~その日が来るまで~2012.5.26 横浜赤レンガパーク 特設野外ステージ(その1)  

久しぶりのライブレポです^^


私、普段の生活にて心がけている事は多数ありますが、その中に

『センスと思いやり』

ってのがあります。
私がどこでどんな風にこれらに気を使っているかはまたの機会にでも触れるとしてですね(= =) ウム
で、今回のこのライブ

小田和正 

KAZUMASA ODA TOUR 2012 

どーも どーも ~その日が来るまで~


2012.5.26 横浜赤レンガパーク 特設野外ステージ



ライブにてこれほどまでにその『センスと思いやり』を感じた事はありません。
いやあめちゃくちゃ感動しましたよ(T_T)

アーティスト・スタッフ、そしてファンの気持ち・思い(想い)が見事に一致したとんでもなく素晴らしいライブだったと思います ★\(^0^)/★ 

その感動の少しでもここに残せたらいいな^^ってな思いで書いてみますね@レポ
お付き合い下さる方は続きへどうぞ。





*長文です。
*セットリストのみ知りたい方はページ最下部までスクロールして下さい。


本来なら昨年の9月でファイナルを迎えるはずだったこのツアー。
震災の影響にて見送った東北地区公演をこの4・5月に控え、それが間近になった3月末に急遽発表になったのが、小田さんの地元でもあるこの「横浜 赤レンガパーク 特設野外ステージ」
ねっ、これだけで『センスと思いやり』に溢れてるでしょ^^

この報を知った小田さんマニアの彼女はもちろん、私もどうしてもこのツアーファイナルに参加したくなりました(☆o☆)
平日(土曜日)開催の遠征でしたが迷う余地は全くありませんでした。
二人してチケット争奪戦に挑みましたが、一般枠(e+プレオーダー)にてこのプレミアムチケットを引き当てたのは彼女∠( ̄∧ ̄)ビシッ
もうそれだけで感動でしたよ^^

夜勤明けで一睡もせず新幹線に乗り込み、約半年振りに横浜へ訪問。
ちなみに9月にも横浜遠征が決まっております(YAZAWA 40th in 日産スタジアム)
軽く観光を済ませて会場のある「赤レンガ倉庫」に着いたのは開演約2時間前。
グッズ(タオル・Tシャツ)購入して、彼女のブロ友さんと会釈を交わして入場。

一般枠にてゲットした席ですが、これがかなりの良席\( ^o^ )/ ヤ ッター♪

P52601041-1.jpg

海に沿って横長に設けられた会場。どの客席の人にも同じように見てもらえるように、と左右各150メートル(計300メートル)の花道を設置し、花道の真ん中には円形ステージを設置。*ネットニュースより抜粋

私は東6ブロックでした。
目の前には観覧車・ランドマークタワー、背中に海風を受けて目でも肌でも横浜を感じた会場でした。

20分ほど押しでライブはスタート。
前に参加した「京セラドーム」で見たオープニングアニメ、そしてそれが終わると「御当地紀行」のダイジェスト版
近畿・四国・中国を経て東北での映像が流れる。
ここで小田さんの第一声!

そして横浜!

戻って参りました~~~!!!


ギターを手にした小田さんが立つセンターステージが回転を始めるw(°o°)w おおっ!!

そしてオープニング曲は

グッバイ

早速いじってきましたね@セトリ(⌒ー⌒)
ツアーファイナルとは言え、相当イレギュラーな経緯を経たこの日のライブ。
セトリ変更は十分アリですv
うん、全然オッケー( ^ー゜)b
ってかこの日のセトリにはホント「センスの良さ」を感じました。

小田さんのライブで特徴的な「歌詞モニター」が四方に設置され、それに映し出される文字列だけでもウルウル(T_T)
そして壁の存在ももちろんないこの会場から風に乗って舞い上がるその奇跡の歌声♪
目の前に広がる横浜の風景とその空。

やっぱり自分はライブに来る為に生きているんだ!

今更ながらそれを実感した瞬間でしたv

そしてMC。

え~どっち向いてしゃべったらいいのか分かりませんが(笑)

東北ツアーを福島公演で終了しました。

10月にみんなの気持ちを持って行くと約束した。。。

いつかきっとその日が来る。

この国が立ち直ると信じて。。。。

地元横浜・ファイナルに向かって盛り上がって行きたいと思います。


と、手短ながら十分に気合の入ったMCからの2曲目はあのイントロから

ラブ・ストーリーは突然に

では当然お約束でステージを降り、客席間通路で歌う小田さん。
この時、椅子一つを挟んだだけの近距離急接近が実現しました"(  `   ▽   ´  )" うひょ♪

みんなあんまり攻めてこないでね

通れなくなっちゃうから


と話して今度は「北・西」ブロックへ。

こころ

正義は勝つ


と、小田ワールド全開の2曲を終えてMC

みんなの中に突入しようといた私が馬鹿でした(笑)

立ったままで大丈夫ですか?

年の事を考えて(笑)

先は長いですから


野外ライブの思い出を振り帰った後、

野外にふさわしい曲を自分なりに選んだんで何曲かやります

と、紹介された曲は

Re

この曲、私が初めて参加した小田さんのツアー(’05/6/12)で初めて聞いて一瞬で好きになった曲。
その直後に発売されたアルバム「そうかな」でも一番お気に入りの曲なんですv

♪生きてゆくことは 。。。。。 ステキなことかも知れない♪

歌詞モニターの効果は絶大ですね(泣)
その歌詞についてですが

最近の間違い方は多様化して、思ってもない間違いをするが怖がってられない

だそうです(笑)

ババア発言が飛び出した後(笑)

青い空

を歌おうとしていきなり間違えたのはババアの呪い?(* ̄m ̄) ププッ

この曲の最中に観覧車の時刻は6:00を記し、イルミが点灯を始めました。
これがまたキレイでホント夢の中に居る気分を一層引き立てました( 。・・。) ポーッ

今日は「手ぶら」で



たしかなこと

♪今の気持ちのまゝで 見つめていること♪

あぁ~歌詞書きてえ

ここ、この曲を含めての3曲の「夕暮れウットリタイム」の選曲はそりゃもう凄かったッスよ!
さすがッス!小田さんd(^0^)b グッ!

緑の街

♪届け この想い 今の君に♪

そして明らかに何かをしゃべろうとしたその瞬間に次の曲のイントロが始まった(笑)


たそがれ


\( ~∇~)/ キャーーーーッ!


4年ほど前だったかな?
彼女がこの曲大好きだって話してたの。
正に今・この瞬間、これ以上無いってシチュエーションにて聴いております@二人(# v。v)o ポッ

そしてライブ前半ラストを締めたのは新曲

その日が来るまで

♪いつかその日はきっと来るから ゆっくりゆっくり元気になって♪

こう歌ってステージを後にした小田さん。
素敵すぎますv


ここでレポも前半戦は終了させていただきますね。
続きは(その2)でね(⌒0⌒)/~~~

(その2)UPしました。

小田和正
KAZUMASA ODA TOUR 2012 
どーも どーも ~その日が来るまで~
2012.5.26 横浜赤レンガパーク 特設野外ステージ(その2)


ここまでお付き合いありがとうございました。
最後にセットリストです。



セットリスト

01.グッバイ
02.ラブ・ストーリーは突然に
03.こころ
04.正義は勝つ
05.Re
06.青い空
07.たしかなこと
08.緑の街
09.たそがれ
10.その日が来るまで
御当地紀行~ふるさと
11.僕らの街で
12.愛を止めないで
13.the flag
14.やさしい雨
15.Yes-No
16.キラキラ
17.伝えたいことがあるんだ
18.19の頃
19.今日もどこかで
20.東京の空
21.my home town
22.hello hello

アンコール

23.またたく星に願いを
24.ダイジョウブ
25.言葉にできない
26.YES-YES-YES
27.その日が来るまで
28.生まれ来る子供たちのために
29.その日が来るまで
2012/06/02 22:48|ライブTB:0CM:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://orokamonoyo2.blog100.fc2.com/tb.php/1696-b5e0ae78

管理人よりお知らせ

只今、管理人がなかなかネットをできる状態でありません。
したがってブログの更新も不定期です。
いただいたコメントに返事をするのも非常に遅くなると思います。
どうかご了承ください。 また、「迷惑コメント」で荒れるのも嫌なんでコメントの方は承認制とさせていただいております。
承認後もすぐに返事できないかと思いますが、コメントいただけると非常に励みになりますのでどうかよろしくお願いします。
orokamono

今後参加予定のライブ

プロフィール

orokamono

Author:orokamono
生年月日/1967/4/8
職業/建設業
生息地/ライブ会場、甲子園球場

リンク

このブログをリンクに追加する

お気に入り

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Copyright(C) 2006 Return to Myself All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.