金と銀の器を抱いて 罪と罰の酒を飲んだ orokamonoのブログさ

最近の記事+コメント

年別アーカイブ一覧

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

長渕剛 RUN FOR TOMORROW HALL TOUR 2012 Unplugged Live 2012.6.8 グランキューブ大阪 (その1) 

*ネタバレ注意


見続けてよかった。。。


これが今回の正直な気持ち。
やればできるやん!
これが見たかったんよ!

いや、ホントは何も変わってないのかも?
変わったのはこっちの目線・気持ちかも?

まあそんなのどうでもいいやv

とにかく最高やったわ!!!

長渕剛 

RUN FOR TOMORROW

HALL TOUR 2012 Unplugged Live


2012.6.8 グランキューブ大阪

ライブレポ(その1)です。

うまく書けるかな?
見た者、見てきた者の強さを。

これより先はセットリスト含むネタバレとなります。
続きへ入る方はご注意を。




*長文です。
*セットリストのみ知りたい方はページ最下部までスクロールしてください。


今回の会場は私的に交通の便に難があるからあまり好きじゃない「グランキューブ大阪」
しかもここに来る時に限って雨が降る。
平日夕方のライブ前にはパンやおにぎりなど軽く口にする事が多いのだが、
『腹が減っては長渕ライブは乗り切れぬ』
って思いでしっかりと食べた^^

P6080114.jpg P6080115.jpg

しかし大阪の立ち食いは美味い!!!

そして会場へ入りグッズ売り場へ。
事前にネットで「ミニチュアトランポ」は買ったし「Tシャツ・タオル」は使い回し。
「ピンズセット」でも買おうかと思ってたら、今回の会場より発売開始になったグッズが(°〇°;) おおっ?

P6080134.jpg「RUN FOR TOMORROW フラッグ」

この類のグッズって「'05ツアー YAMATO」からでしたっけね?
私、今まで買った事無かったし、むしろ苦手だった。
でも、今回この旗を見た瞬間に欲しいと思ったしこれを持ってライブに挑みたいと素直に思った。
「旗」と「バッジ」を手にして座席へ。
ほぼ最後尾なんでせっかくのホールながら「城ホ」並みの距離だったけど、広さが無いから一体感は更に凝縮されたように感じた。

開演の10分ほど前から場内のアチコチで「剛コール」が発生。
そしてお約束の

「Take It Easy - Eagles テイク・イット・イージー/イーグルス」

が流れるとそれに合わせて拳上げエイ!エイ!
この曲でそんな反応が起こるとは「イーグルス」は知らない(笑)

約10分ほど押しで剛登場!

オープニング曲は

日本に生まれた

もうこのフレーズだけで涙モンです。
拳を上げ、旗を振り精一杯の思いで剛にレスしました!

ステージにはホールツアーには珍しい映像モニターが有りましたねv
後、[Unplugged Live]だけどプラグ使用の楽器も^^

2曲目は

明日をくだせえ

往年の名曲『He・La-He・La』を彷彿させる曲ですねv
イントロのアレンジは『ヴィーナス (ショッキング・ブルー) 』を彷彿させます^^

そしてMC

お~い大阪

やってきたぞ

会いたくて会いたくて。。。

ここに立ってます

最高の夜にしようね


3曲目はバラード

僕と歩こうよ

相変わらずバラード中にも声かかりますね(`´メ
かんべんして欲しいです、はいモォ (`ヘ´)

お家へ帰ろう2011

私的には前の歌詞('90)の方が断然好きですが^^

♪ところでセブンイレブンには・・・♪の方がねv

次曲。
ステージに一人残った剛が弾き語りで

かましたれ!

最後はお約束の

♪本当の仲間はここにいる!

行くぞ~!

の掛け声から

情熱

エイ!エイ!エイ!エイ!

盛り上がりましたが、ギター投げは大嫌いです。

まだまだ!

大阪 天井ぶち抜け!


エイ!エイ!エイ!エイ!

Success

この曲も異様にアウトロが長い(苦笑)
例の首切りポーズ(演奏カットの合図)から

エイ!エイ!エイ!エイ!


今日は最高だね。

やっぱ大阪やね。


ここでまた弾き語りへ。

石巻のガレキの荒野を見た時、詩にしたくて。。。

と歌われたのは

六月の鯉のぼり

見てきた者ならではの強さや優しさを感じる曲です。

次は

鹿児島で一緒に過ごした浪江の子供たちを思って、彼らに残したい・歌い継がれて欲しいと思って無い知恵を絞って書いた

と言う

ガーベラ

この曲も優しいですねえ。
ワイルドな剛がマイルドだろぅって言ってるようです(笑)

その子供たちと一週間過ごした後、帰る日整列して挨拶してくれた。

帰りのバスが出る寸前に走り寄ってきた子供たちを抱き寄せた。


帰るのを拒む様な子供たちに

大丈夫だ。

今度はお前のふるさとに行くから待ってるんだぞ。


と約束した。

そして今年、2月25日。浪江に行った。

防護服なんて初めてで怖かったけど約束したし。

現実を目に焼き付けたかったし。

けど。。。

事実は現実はニュースで見るより、どんなキャスターが語るよりも

あまりにも悲惨だった。

あの子供たちはここから来たんだ。。。

ここへ帰るのってどんな思いだったんだろう。。。

そう思ったらもっと優しく声をかけてあげたらよかった。。。

浪江は自然に溢れてた。

生き物がいてコスモスがキレイだった。

だけど・・・だけど・・・



スクリーンには浪江の映像、そして防護服姿の剛が。

曲は

カモメ


これぞ見てきた者にしか書けない素晴らしい凄まじい曲です。

涙が流れて止まりませんでした。

これからは「変わる」じゃなく

「変える」

そんな意識を持って行こう




レポ(その1)はここまで。

お付き合いありがとうございました。

最後にセットリストです。



セットリスト

01.日本に生まれた
02.明日をくだせえ
03.僕と歩こうよ
04.お家へ帰ろう2011
05.かましたれ!
06.情熱
07.Success
08.六月の鯉のぼり
09.ガーベラ
10.カモメ
11.蝉 semi
12.泣いてチンピラ
13.Run for Tomorrow ~明日の為に~
14.明日へ向かって
15.愛おしき死者たちよ
16.Stay Alive
17.ひとつ
18.しあわせの涙
19.勇次
アンコール
20.乾杯
21.HOLD YOUR LAST CHANCE
2012/06/16 22:17|ライブTB:0CM:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://orokamonoyo2.blog100.fc2.com/tb.php/1703-8c60b931

管理人よりお知らせ

只今、管理人がなかなかネットをできる状態でありません。
したがってブログの更新も不定期です。
いただいたコメントに返事をするのも非常に遅くなると思います。
どうかご了承ください。 また、「迷惑コメント」で荒れるのも嫌なんでコメントの方は承認制とさせていただいております。
承認後もすぐに返事できないかと思いますが、コメントいただけると非常に励みになりますのでどうかよろしくお願いします。
orokamono

今後参加予定のライブ

プロフィール

orokamono

Author:orokamono
生年月日/1967/4/8
職業/建設業
生息地/ライブ会場、甲子園球場

リンク

このブログをリンクに追加する

お気に入り

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Copyright(C) 2006 Return to Myself All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.