金と銀の器を抱いて 罪と罰の酒を飲んだ orokamonoのブログさ

最近の記事+コメント

年別アーカイブ一覧

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

アンジェラ・アキ Concert Tour 2012-2013 BLUE 2012.11.4 なら100年会館 大ホール(その1) 

*ネタバレ注意

完走

2週間で5組のアーティストのライブと言う殺人的日程を乗り越えました(^◇^ ;)
以前(2010.12)にも同じ様な間隔でライブ行った事ありますが、正直な所、一月に一回行けたらいいです^^
今はすさまじい満足感と疲労感でいっぱいですが、がんばって感想書かないとねv


アンジェラ・アキ

Concert Tour 2012-2013


BLUE

2012.11.4

なら100年会館 大ホール


レポ(その1)です。

私がハマッたアーティストの中では比較的歴史が浅いのがこのアンジー。
ですが今回で7回目のアンジーライブ参戦って所にそのハマリ具合が現れているかと^^
その楽しさができるだけ再現できたらいいなと思ってレポ行きますv

来年3月まで続くこのツアー。
まだまだ先は長いです。
今後参加予定でネタバレ踏みたくない方はご注意を。
それ以外の方は続きへどうぞ。。。





*長文です。
*セットリストのみ知りたい方はページ最下部までスクロールしてください。



少し低めの気温でしたが絶好の秋晴れとなったこの日の日曜日。
日中は奈良観光を満喫し、ライブ会場のなら100年会館へ付いたのは開演1時間ほど前。

PB040091.jpg

私の190回を超えるライブ歴にて初めてとなる同会場なんですが、いいですねここ( ^ー゜)b
何がいいってそのアクセス!
JR奈良駅直通と言ってもいいほど。
徒歩1~2分って近さです。
普段、JRが主な移動手段の私にもってこいの場所。
これだと平日でも十分参戦可能ですv

入場してグッズ購入。

PB050100.jpg

眼鏡っこの私にピッタリのキーホルダーですv

FC枠にて当選したこの日のチケットには「Lブロックイ列」と記入されてたのでてっきり左サイドの2列目かと思ってたら右サイドの一番端の5列目でしたo(^◇^;)oアレマ
まあしかしステージとは目と鼻の距離v
座り心地の良い椅子に腰掛けて開演を待ちましたo(^-^)oワクワク

定刻から5分押しの17:05。
客電が落ちライブスタート^(ノ゜ー゜)ノ☆パチパチ

オープニング曲=最新アルバム『BLUE』1曲目、ピアノソロのバラードナンバー

アイウエオ

7月に発売されたこのアルバム。
もちろん発売と同時に購入しましたが、なんせこのスケジュール
真剣に聴き入ったのが当日の朝って状況
でこの日、生で聴いて印象深い曲が多く帰って歌詞カード見て復習。。。。φ(◎◎へ)フムフム
何か意味深だと思ったこの曲もその歌詞見て納得

・愛飢え追う
・愛植え王


(⌒^⌒)b なるほど

さあ奈良のみなさん!

盛り上がって行くよ!

カモン!


ギターを手にしたアンジーが言葉を投げかけスタンドアップv
アップテンポの2曲目は

factory

そしてMC

奈良のみなさんこんばんわ

アンジェラ・アキです

ここは3年振りですが、この会場に置かれているピアノは間違いなく日本一ですv


ピアノって運んでくるんじゃなく、その会場に常設されてるんですね。
初めて知りました(^◇^;)ヘー

この3年間、色々あってな^^


今年の2月、子供産んでオカンになってん!


(*^^)/。・:*:・°★,。・:*:・°☆オメデト!!


出産後初のアルバム&ツアー
初めての人おる?

えっ!

ごっつおるやん!!

そんな方々に注意事項を。

ライブ中は携帯の電源がどうのこうのじゃないんよ。


私、アンジェラ・アキは

しゃべりが好きで話が長いねん(笑)


もうちょっとしゃべるから座ろか^^

と、今回のアルバムが自身一番お気に入りだと。
そしてメンバー紹介。
今回はいつものベース・ドラムに加えてピアノで一人の系3人のサポメンでした。

全身全霊一音一音伝えて行きます。

日々のストレスを発散して一緒に歌って

しゃべりが面白かったら笑って

歌に感動したら涙して。。。

楽しんでください。


そして次曲の為にピアノに腰かけたアンジー

あっもう一つ聞いて^^

アンジーのヘアメイクさんは桑田佳祐さんも担当されているそうで。
で、その桑田さんがやってるラジオ番組にて昨年12月に【桑田佳祐が選ぶ今年の名曲ベスト10】って企画で選んでくれた(6位)

その歌聴いて!

と演奏された曲は


始まりのバラード

あの桑田氏が口にするほどですから、この曲がどうとかこうとかは私が口にする出来るレベルじゃないです(笑)

アンジーのピアノ弾いてバラードを熱唱するこのスタイルはマジでグッときます(T^T)ウッウッウッ
この日は一人増えたとは言えバックはベースとドラムとツインスタイルのピアノ。
そしてアンジーのボーカル。
どの音も一音一音心に伝わります(ToT)

次曲

恋の駆け引き

はアンジーには珍しい?恋する乙女的な曲。
ミディアムテンポの可愛らしい曲です。
そしてまたバラードで落とす(T△T)

One Family

家族愛・世界愛を訴える壮大なメッセージが込められた名バラードです。
曲が終わって拍手をするのすら忘れてしまいそうにその世界観にどっぷり浸ってしまいます。

そして聞き覚えのあるメジャーな曲が。。。

Stand by Me / BEN E. KING

知らない人いないのでは?ってほどの有名な外国曲です。


つ~事は(笑)


この歌知ってる人、手ぇ挙げて。

そう、Stand by Me / BEN E. KING

この曲は1961年にヒットした曲やけど映画でもヒットした曲。

知ってるけど歌詞は知らんわ。

そんな人達の為に奈良に帰って来ました!

えっ、ようしゃべるって聞いたけど伴奏付きでもしゃべるん??

って思ってる人も^^

でも、常連さんは待っててくれたよねv



アンジェラ・アキの勝手に英語でしゃべらないと

タイトルコールと共にステージにはサビの歌詞が書かれた黒板(スクリーン)が降りて来ましたv
授業を始めるアンジー先生^^
そして先生注目の今回のテーマその1は

ダーリンの使い方

当然好きな人に使う言葉。
しかもこの曲では2回繰り返し使われてます。
これと同じ様にダーリンって単語がサビの頭に来て2回繰り返す曲が2曲ありました。
続けて。。。


と、アンジー先生が歌ったのは・・・

しるし/Mr.Chirdlen
My Sweet Darlin'/矢井田 瞳


テーマ2は音楽のレッスン
この曲には4つのコードしか使われてないそうだが、音楽は好きだが専門的な知識は全く持ち合わせていない私にはサッパリでしたが^^
ここでもアンジー先生が2曲歌ってくれました^^

ルージュの伝言/松任谷(荒井)由実
Twist and Shout/The Beatles


そしてアンジー先生が個人的に気になるってのが、このサビがNOで始まるってトコ。

そんな否定的な言葉で始まるすごい曲がみつかって。。。

と、ステージが一旦暗転し、何やら派手目の衣装を身にまとったアンジー先生。
曲は

いいえ私は・・・

と確かに否定から始まった

さそり座の女/美川憲一

最後は

何笑ってんのよ

とモノマネ付きで^^

このコーナーは脱線しやすく、私のカラオケパートになってるんやけど、本来の目的はみんなと一緒に歌う為にやってるコーナー。

大きな声で歌うのはストレス発散になるから恥ずかしがらずに大きな声で歌ってな!


と、会場全員でサビの合唱を繰り返す事数回。

そして会場一体となった所で


こっから盛り上がって行くよ~~~!!!


たしかに


うん、たしかに盛り上がる1曲です^^
間奏でのアンジーと河野氏のピアノのパフォーマンス見ごたえありました。
他ライブでもギターだとありがちですがピアノってのはアンジーライブならでは(°ー°)(。_。)ウンウン

・・・・・・


えっとここまで何曲書きましたっけ(笑)
まだ半分終わってないのにこの文字数(笑)
今回はここで時間切れ。
続きは(その2)にてUPします。
長文にお付き合いくださりありがとうございました。
最後にセットリストです。



セットリスト

01.アイウエオ
02.factory
03.始まりのバラード
04.恋の駆け引き
05.One Family
06.Stand By Me(Ben E. King)
07.たしかに
08.I Have a Dream
09.You and I
10.心の天気予報
11.モンスター
12.津軽海峡・冬景色
13.夜明け前の祈り
14.Rain
15.Cry
16.Foolish Love
17.サクラ色
18.告白

アンコール

19.手紙~拝啓十五の君へ~
20.This Love
2012/11/07 22:18|ライブTB:0CM:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://orokamonoyo2.blog100.fc2.com/tb.php/1743-60e6dd6d

管理人よりお知らせ

只今、管理人がなかなかネットをできる状態でありません。
したがってブログの更新も不定期です。
いただいたコメントに返事をするのも非常に遅くなると思います。
どうかご了承ください。 また、「迷惑コメント」で荒れるのも嫌なんでコメントの方は承認制とさせていただいております。
承認後もすぐに返事できないかと思いますが、コメントいただけると非常に励みになりますのでどうかよろしくお願いします。
orokamono

今後参加予定のライブ

プロフィール

orokamono

Author:orokamono
生年月日/1967/4/8
職業/建設業
生息地/ライブ会場、甲子園球場

リンク

このブログをリンクに追加する

お気に入り

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Copyright(C) 2006 Return to Myself All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.