金と銀の器を抱いて 罪と罰の酒を飲んだ orokamonoのブログさ

最近の記事+コメント

年別アーカイブ一覧

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

アンジェラ・アキ Concert Tour 2012-2013 BLUE 2012.11.4 なら100年会館 大ホール(その2) 

*ネタバレ注意


アンジェラ・アキ

Concert Tour 2012-2013


BLUE

2012.11.4

なら100年会館 大ホール


レポ(その2)です。

自分が思ったよりもはるかに長文となってしまった(その1)
一応今回でまとめるつもりなんですが大丈夫かな?^^
それでは早速。

今後参加予定でネタバレ踏みたくない方はご注意を。
それ以外の方は続きへどうぞ。。。





*長文です。
*セットリストのみ知りたい方はページ最下部までスクロールしてください。


たしかにで盛り上がった気持ちを静めるかのごとく場内暗転。
セットチェンジが行われました。

どうもありがとうございます。
ライブではリビングに遊びに来たつもりでって言ってましたが、このツアーではリビングを再現しました^^


と、ステージにはソファの姿が。
ここでベースの方が「せんとくん」の話をした所、客席からそのかぶりものあるでって声が(笑)

次は真面目な曲やから・・・

アカン。







付けたい。。。

持ってきて~~~


と、やはりおいしいネタへの誘惑に負け、ステージへ差し入れてもらい被ったアンジー^^
かぶりものって鹿のつのみたいなやつね^^

後でちゃんと返すから

とご満悦のアンジーは次の曲のMCへ。

次の曲はキング牧師の演説にインスパイアされて作った曲。

と、氏のスピーチから引用されたタイトル

I Have a Dream

ベースの方がストリングス、ドラマーがピアノ、そしてアンジーはソファに腰掛けてとリラックスムード。
この力の抜き加減がこれまた大人な感じで( ^ー゜)b
曲の途中、例のキング牧師の演説が流されました。
結構感動しましたね(T.T)
その間にアンジーはドラムに座り演奏。
そして歌を歌う。
いやあなんでも演るねえ(^^)// ハクシユー
で、次はウクレレを手にヽ(^_^;))((^。^;)ノナントー

人って無い物ねだりな生き物やけど、幸せは案外一番身近な所にあるんじゃない?

ってのがテーマの次曲

You and I

アンジーには珍しいほんわかしたラブソングです(笑)

心の天気予報

は失恋した友達を元気付ける曲かな^^
そしてこのリラックスムードの締めは

モンスター

これって子供さんとの事かな?^^

ここの4曲、確かにリラックスモードで方の力を抜いて歌って演奏しているって雰囲気でしたが、それがまた絶妙で(*^ ^* )V
大人・実力者の演奏会って感じでしたv
このコーナーの2・4曲目はどうやら日替わりのようですね。
この2曲でラッキーでしたが、次の大阪では別の曲が聴きたいな。

次の曲はある意味今回のお目当てにしていた曲


津軽海峡・冬景色


私の世代(40代半ば)だとドンピシャですよね、この曲。
当時は演歌もよく耳にしてましたよね。
この歌なんか素で歌えるもんねv
で、演歌歌うアンジーが、見た目こそ以外だけど実にしっくりくるんよね^^
まあアンジーのどん底系の歌は演歌に通じるモノがありますわなw

で、こっからそのどん底系のバラード曲が続きます(T.T)

夜明け前の祈り

は後悔したくないって思いを込めて作った歌だそうです。
次はアンジーの代名詞的な

Rain

切ないです(T∇T) ウウウ

ラブソングにこだわって作ったアルバム(BLUE)
この先もずっと作りたい・歌いたい。
次の曲は別れをテーマに。。。

運命やって思っても、好きな人と別れるのはホントつらい事。
そんな時は泣くのが大事やと思う。
(泣く事で)
現実を受け入れてありのままの自分を受け入れることができる。
それが一番のクスリ。

人生の試練には近道は無い。

また歩けるまで。。。

笑えるまで。。。

泣くのもいいと思う。


次の曲はまさにどん底系の

Cry

好きやなあ、どん底(笑)
何の番組だったかな?
以前、アンジーと千秋が一緒に出てた歌番組で、アンジーの悲しい名バラードは実体験を元に作られてるって話で、千秋が

それなら今後も曲の為に悲惨な思いを経験し続けて

と言ったのは笑った(笑)
でも、私も確かにそう思う`∀´)Ψヶヶヶ

曲はもう一発どん底で


Foolish Love


切なすぎるって。。。(T_T) ウルウル

そしてアンジーのどん底経験の集大成とも言っても過言じゃないのが次の


サクラ色


何度聴いても圧巻の超名曲です。°(ToT)°。
この曲を生で聴いた事は私の心の財産です。
何度聴いてもそう思うし、その思いは積み重なって行きます。
心の中で。。。


奈良のみなさん、ラスト盛り上がって行くよ!

って言われても脱力してますが(笑)

本編ラストは

告白

サビはお約束のコール&レスで盛り上がって

♪好きになってもいいですか~♪

今日はみなさんどうもありがとうございました!

ホンマ、最高!

 

本編終了は19:15

アンコールに登場したアンジーはツアーグッズを身に付け手に持ちお約束の告知タイム。
毎回恒例のアンジーナンバーTシャツは今回は「35番」
今回は産後(35)と自身の年齢(35)に掛けたそうです^^
一通り紹介した後

曲にまいりたいと思います。
落ち着いた曲やから座らへん^^
人のライブ行くと、座らせてくれたら嬉しいねん(笑)
35にもなると(爆)


アンケートなんかでアンジーの曲で励まされた。
って書いてもらって。
そんな繋がりが私の原動力です。
ちょっとでもみなさんの励みになれば。。。
聴いてください。


アンコール1曲目は


手紙~拝啓十五の君へ~


落ち着いた曲???
まあ久しぶりに合唱無しモードでした。

この曲を始めて聴いたあのライブから4年少しが経ちましたが、今でもこの曲は私の励みの1曲として心に君臨しております。
そう、この曲こそが私とアンジーの繋がりのきっかけ。
何度聴いても涙がボロボロです(TT0TT) ダーーッ

歌い終えたアンジーも頬に伝う涙を拭って


ありがとうございます。
奈良に帰って来る事が出来てこんな幸せな夜が終わって欲しくないと思うんですが。。。

最後に1曲演ってもいいですか?


で、最後のMCにて私がこの日一番アガッた出来事がv(⌒o⌒)vイエーイ

それは年末恒例の武道館ライブの告知の際の出来事。


今日もその武道館ライブのTシャツを着てくれてる人が来てくれてます。

と言い、顔こそは向かなかったがその手は明らかに私をかざしていました。
そう、この日私が着てたのは2年前の年末ライブ「My Sweet Home」のツアーTシャツ(実際は大阪城ホールver.)ですが。

PC200276_20121108211115.jpg

いやあマジでめっちゃ嬉しかったよ~

ワーイ。(⌒∇⌒。)三(。⌒∇⌒)。ワーイ


そしてオーラス

一人一人のみなさんに届けたいと思います。
聴いてください。



This Love


しかしこの曲の持つこの壮大感って一体何なんだろうねv
終盤の3曲はアンジーライブの定番なんですが、全く何回聴いても圧倒され感動します(T_T)

みんなの事絶対忘れない。

また絶対奈良に帰って来ます。


と両サイドそしてセンターで深々とおじぎ。
頭を上げたアンジーはマイクオフでしたが

みんな一人一人ハグしたい

と身振り手振りでそう言ってました。

ライブ終了は19:37分。
約2時間半の濃密なライブでした。
私は年明け1月に大阪に行けるんでめっちゃ楽しみです。
こんないいライブ、1回のみで終わるのもったいないもんねv



ここまでの長文にお付き合いくださりありがとうございました。
前編と後編じゃ別の人のライブみたいでしょ(笑)
それがアンジーライブですv
そして最後にセットリストです。



セットリスト

01.アイウエオ
02.factory
03.始まりのバラード
04.恋の駆け引き
05.One Family
06.Stand By Me(Ben E. King)
07.たしかに
08.I Have a Dream
09.You and I
10.心の天気予報
11.モンスター
12.津軽海峡・冬景色
13.夜明け前の祈り
14.Rain
15.Cry
16.Foolish Love
17.サクラ色
18.告白

アンコール

19.手紙~拝啓十五の君へ~
20.This Love
2012/11/08 21:23|ライブTB:0CM:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://orokamonoyo2.blog100.fc2.com/tb.php/1744-d1410068

管理人よりお知らせ

只今、管理人がなかなかネットをできる状態でありません。
したがってブログの更新も不定期です。
いただいたコメントに返事をするのも非常に遅くなると思います。
どうかご了承ください。 また、「迷惑コメント」で荒れるのも嫌なんでコメントの方は承認制とさせていただいております。
承認後もすぐに返事できないかと思いますが、コメントいただけると非常に励みになりますのでどうかよろしくお願いします。
orokamono

今後参加予定のライブ

プロフィール

orokamono

Author:orokamono
生年月日/1967/4/8
職業/建設業
生息地/ライブ会場、甲子園球場

リンク

このブログをリンクに追加する

お気に入り

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Copyright(C) 2006 Return to Myself All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.