金と銀の器を抱いて 罪と罰の酒を飲んだ orokamonoのブログさ

最近の記事+コメント

年別アーカイブ一覧

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

大阪LOVER 2013年版(その5、キタ編) 

移動 トレードセンター前~西梅田 270円

地下鉄四つ橋線を端から端へと移動してこの日の最後の目的地のキタエリアへ。

まずは夜ご飯。
昼に食べ損ねたお好み焼きがどうしても脳内に残っておりどうしても食べたくなり訪れたのは4年前にこのパスを初めて使った時に寄ったお店。。。




九分九厘 ざんまい屋

ウチの彼女に言わせると今まで食べた焼きそばでNO.1だったとの評価v
ただ、味の記憶は確かなようですが、店の情報の記憶が曖昧でどこだったか私が解読するのに随分とかかりました(苦笑)
最初、地下の店って言ってましたから(笑)
まあ確かに地下っぽい場所ですが^^
そしてようやく同所を訪れる機会に恵まれたんでここへとやって来ました。
4組ほどの待ちでしたが案外スムーズに入店。

P5030230.jpg P5030229.jpg

入店待ちから非常に気になった「ねぎおこ」
そしてこれを頼まなきゃ意味の無い「焼きそば(大盛)」を注文。

P5030233.jpg P5030236.jpg

焼きそばが美味しいのはモチロンでしたが、この「ねぎおこ」の美味しさと言ったらもうイエイ~♪ (★^▽^)V
私的に「ねぎ焼き」よりも断然こちらの方が好みですv
また隣のお客さんが頼んでて気になったのが「お好み焼き」のソースは半分はオリジナルでもう半分は各種有名メーカーのソースを選べるようです。
次はそれも食べてみたいな^^

大満足で同店を後にして訪れたのはすぐ横の

HEP FIVE 観覧車

P5030241.jpg P5030245.jpg

今年、私がこの乗車時に選んだBGMは

「銀河への船/DREAMS COME TRUE」

♪丘の下も 空も一面 洪水だわ 光る♪

あまりにもパーフェクトな選曲です( ̄ー ̄)ゞ フフッ

乗車料500円がパスにより無料

そして今、大阪で一番の話題のスポット

P5030246.jpg

グランフロント大阪を通り抜けて

空中庭園展望台へと

去年訪れた時もそれなりに混んでたんですが今年はとんでもない事になってました!Σ( ̄ロ ̄lll)
展望台へ通じるエレベーターに乗るのに約30分程の待ち時間。
それさえ乗ってしまえば後はどうって事ないんですが。。。

そしていつもの場所で記念撮影をv

P5030249_20130506183252.jpg

また一つ歳を重ねた二人^^

そして待った甲斐もあってやはりここからの夜景は絶品ですv

P5030253.jpg P5030257.jpg

最後にもう一箇所、お決まりの場所で撮影をv

P5030260.jpg


入場料700円がパスにより無料

本当はもう一箇所周りたかったんですがここで無念のタイムアップ。
この日、周った施設&移動料金6740円
パスの購入費が2000円なんで4740円お得v

P5050281.jpg

今年も十分元を取ってなお余る位楽しんで来ましたv
また来年のこの時期にもこうしてここでこの記事を書きたいですねv

それではここまで数回に渡る記事にお付き合いありがとうございました。

以上

大阪LOVER2013でしたっ!


P5030262.jpg


2013/05/06 18:53|プライベートTB:0CM:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://orokamonoyo2.blog100.fc2.com/tb.php/1800-68303118

管理人よりお知らせ

只今、管理人がなかなかネットをできる状態でありません。
したがってブログの更新も不定期です。
いただいたコメントに返事をするのも非常に遅くなると思います。
どうかご了承ください。 また、「迷惑コメント」で荒れるのも嫌なんでコメントの方は承認制とさせていただいております。
承認後もすぐに返事できないかと思いますが、コメントいただけると非常に励みになりますのでどうかよろしくお願いします。
orokamono

今後参加予定のライブ

プロフィール

orokamono

Author:orokamono
生年月日/1967/4/8
職業/建設業
生息地/ライブ会場、甲子園球場

リンク

このブログをリンクに追加する

お気に入り

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Copyright(C) 2006 Return to Myself All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.