金と銀の器を抱いて 罪と罰の酒を飲んだ orokamonoのブログさ

最近の記事+コメント

年別アーカイブ一覧

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

めはり屋 文在ヱ門 北新地店 

グルメ?欄へ一年半振りの投稿です。
時間があれば書きたいお店いっぱいあるんですがなかなか。
そんな他のお店を差し置いてどうしても書いておきたかったのがこのお店。

めはり屋 文在ヱ門 北新地店(食べログ)




先日の山下達郎ライブの帰り。
最近フェスティバルホールに行くと寄るラーメン屋があるんだが(これもいつか必ず書きます)ライブが3時間半の長丁場で終わったのが22時過ぎ。
地下街にあるこのお店はもうとっくに閉まる時間。
お腹も空いたし何処で何を食べようかα~ (ー.ー") ンーー
もう遅いし何か持って帰ろうかなあα~ (ー.ー") ンーー
と思った瞬間にひらめいた(☆。☆)キラーン!

そうだ!新地に「めはりずし」の持ち帰りの出来る店があった!

携帯で場所を確認して向かったそこには店内で食べるスペースもありました。

PC190070.jpg


まだバブルの残り火がくすぶってた80年代後半。
当時21~22歳だった頃、よく食べたんです、これ。
私の記憶だと当時店内で食べれたのはミナミの周防町にあった店だけで新地店は出前とテイクアウトのみだった気がする。
当時、南森町に住んでた私が新地より遠いミナミへ通ってたんだから。
最後に行ったのは8年ほど前。
今の彼女と付き合いだした頃だった。
昨年だったかな?久々に訪ねたらもうそこには店は無く、出前とテイクアウト専門の店が近くに移転していました。
前置きが長くなりましたがこの店はすごく思い入れのあるお店でして。

PC190071.jpg

当時と変わらぬ値段でコースも残ってましたv
昔はよく「Bコース」とアルコール類を別口で注文してたんですがこの日は「Cコース」を注文。
まずはおでん3品。

PC190074.jpg

これは当時から全くブレない(笑)

PC190075.jpg

「すじ・大根・たまご」
田楽風だがそんなに濃い味噌味じゃないから私好み。
そして肉屋のそれにも負けないコロッケ

PC190076.jpg

熱々で美味しいですv

メインのめはりずしはこの日は「高菜・えび天」をいただきましたv

PC190079.jpg

これでビール(小)が付いて1300円だから安いでしょヽ(*^。^*)ノ ワ~イ
ちなみにビールはプラス100円で(中)に変更可。
もちろん私はそうした^^

今後フェスの帰りはずっとここにしようと。
2013/12/30 14:41|グルメ?TB:0CM:2

コメント

懐かし~!!
いやまぁ、わたしもよく行ってたんですよね!

安価で美味しいんです。
めはりずしも美味しいけど、特にコロッケが大好きですわ(^^)/
見てたらまた行きたくなりました!
パル #OcXhibko|2013/12/31(火) 03:35 [ 編集 ]
>パルさんへ
こちらにもコメントありがとうございます(^o^)/
分かってくれる人がいて書いた甲斐ありました(^_^)v
熱々のコロッケ美味しいですよねぇ(*^o^*)
私も大好きです!
大阪に戻られたら是非。
フェスティバルホールの帰りにピッタリですよ!(b^ー°)
orokamono #d/CpiV46|2013/12/31(火) 19:02 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://orokamonoyo2.blog100.fc2.com/tb.php/1867-8cf4c8f3

管理人よりお知らせ

只今、管理人がなかなかネットをできる状態でありません。
したがってブログの更新も不定期です。
いただいたコメントに返事をするのも非常に遅くなると思います。
どうかご了承ください。 また、「迷惑コメント」で荒れるのも嫌なんでコメントの方は承認制とさせていただいております。
承認後もすぐに返事できないかと思いますが、コメントいただけると非常に励みになりますのでどうかよろしくお願いします。
orokamono

今後参加予定のライブ

プロフィール

orokamono

Author:orokamono
生年月日/1967/4/8
職業/建設業
生息地/ライブ会場、甲子園球場

リンク

このブログをリンクに追加する

お気に入り

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Copyright(C) 2006 Return to Myself All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.